(359)内向き思考の排他的なJリーグベスト11は日本の恥部だ

(359)内向き思考の排他的なJリーグベスト11は日本の恥部だ

2017年12月16日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン「杉山茂樹のたかがサッカー、されどサッカー。」
(359)内向き思考の排他的なJリーグベスト11は日本の恥部だ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者の皆様へ
 毎週、ご購読していただき誠にありがとうございます。発行元のLINE社より、「BLOGOSメルマガ」が来年3月をもって終了する旨の通知がありました。
 私、杉山茂樹のメルマガは、その後も別のプラットフォームで通常どおり発信していきます。読者の皆様には誠にお手数をおかけいたしますが、以下のプラットフォームへの移行をお願いできますと幸いです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/
 これからも面白いメルマガ記事の発信に、励むつもりです。
 引き続き、ご愛読のほど、よろしくお願いします。 杉山茂樹
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 Jリーグアウォーズで発表されるベスト11。幾つか発表されるベスト11の中のひとつなら納得できる。ある見方にとどまるなら、意見する気は起きないが、現実はそうではない。その他のベスト11はほぼ無に等しい。王道を行く評価の物差しとして、まかり通っている。

 選者は基本的に各チームの選手監督だ。そこで挙がった11人に偏りがないか、1チームから極端に多くの選手が選ばれていないかなど、選考委員会のフィルターを経て発表に至るわけだが、ほぼ現場の当時者の目線に限られたものだ。例えば、フランスフットボール誌が主催し、投票権を持つ記者の投票によって決定するバロンドールとは、主旨が全く違う。

 GK中村航輔(柏)、DF昌子源(鹿島)、西大伍(鹿島)、エウシーニョ(川崎)、車屋紳太郎(川崎)MF中村憲剛(川崎)、井手口陽介(G大阪)、山口蛍(C大阪)FW興梠慎三(浦和)、小林悠(川崎)、杉本健勇(C大阪)

 ベスト11の顔ぶれを見て、まず思うことは、外国人選手の名前がエウシーニョ1人しか存在しないことだ。最大3人用意されている枠の2人を満たしていない。一時に比べ、確かに外国人選手の質は低下している。中東や中国によい選手は流れる傾向にある。素人にも違いが一目で分かる大物選手は少なくなったとはいえ、わずか1人はいただけない。正当な評価とは言えないのだ。

 セレッソ大阪の守備的MF、山口蛍とソウザを比較すれば、軍配が後者に挙がることは明らかだ。守備的MFで言えば、鹿島のレオ・シルバも忘れてはない。ソウザにしても、レオ・シルバにしても、もし国籍が日本なら、山口蛍、井手口陽介を押しのけて、代表のスタメンを飾ることが確実な、日本代表超級の実力者であることは疑う余地がないのだ。

 日本人選手優先。内向き思考の排他的なベスト11と言われても仕方がない。

 現在行われているE−1選手権。国内組で編成された日本代表は、言うならば「Jリーグ日本人選抜」だ。もし、この大会に「Jリーグ外国人選抜」で臨んだら、どうなっただろうか。少なくとも、「Jリーグ日本人選抜」より、遙かに強そうな集団になることは間違いない。

 外国人選手は絶対数が少ないので、選手が各ポジションに奇麗に配置されるかどうか不安は残る。チームとしてどこまで機能するか定かではないが、それでも日本人選抜に勝てる気がする。当然のことながらE−1選手権に出場すれば、優勝するだろう。

 まずGK。ベスト11に輝いたいま売り出し中の中村航輔は、確かにポテンシャルは高そうだが、その前に評価したくなる外国人選手はいる。磐田のポーランド人GKカミンスキーと、川崎のチョン・ソンリョンだ。

 今季のJリーグで、特に存在...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る