▲▽人間の屑▽▲

▲▽人間の屑▽▲

2017年12月18日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽人間の屑▽▲

 本日疲労モードorz。倦怠感酷し。ただしサイト巡回率は100%。脱力感が
半端ない状況です。この一週間、睡眠時間が足りていないのと、本来なら、すで
に睡眠リズムがひっくり返っていて、寝ているはずの時間帯に起きてこれを書い
ているので、眠気も取れなければ脱力感も取れない。仕事は前夜片付いたのです
が、明日がその多忙のピークです。

※ はあちゅうが著名クリエイターのセクハラとパワハラを証言 岸氏「謝罪します」
https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/hachu-metoo?utm_term=.gjkB7ogEo#.hbyZOy6qy
*電通の闇に新たな1ページ、元電通・伊藤春香さんが過去のセクハラ・パワハ
ラ被害で元電通・岸勇希さんの株を出世来安値まで引き下げる
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65908947.html

 助さん拡散!

 ご承知の通り、私はこの手のセクハラには寛容というか鈍感な男です。あちら
の騒動の発端となった、ハリウッド・プロデューサのセクハラ問題にしても、え
げつない行為だけど、「あんたも役が欲しかったんだろう?w」、程度の認識し
か実は持っていない。
 伊藤詩織さんの一件にしてもそうです。もし相手の男が、アレ総理の腰巾着で
なければ、私は彼女に一片の同情も表明しないし、(薬云々の話が無ければ)む
しろ相手の男を庇ったかも知れない。

 でもこの件は酷い。読んでいて胸くそが悪くなる。私はこの、「岸勇希」なる
人物の名前を全く知らないし、その名をメディアで見聞きさせられるのもこれが
最後であって欲しいと願っているけれど、パワハラまでは、「それが電通の企業
文化だったんだろう。自分には関係ない」で済ませられる。でもそれがセクハラ
がセットになると、事件は醜悪な横顔を備えて、こんなにも人を不快にさせると
いう現実に驚きます。

「当時自分がとても理不尽なことをし、嫌な思いをさせた、とても苦しめたこと
を、お詫びしたくて連絡しました。
本当にごめんなさい。当時の自分には自分なりの理由があったのだけど、それ自
体が稚拙で傲慢で愚かな考え方だと改めて思い、深く反省しています。
長く苦しい思いをさせ続けたこと、心からお詫びします。」

 反吐が出る! 彼はこの短い部分だけでも、「当時」という言葉を二度も使っ
ている。これは暗に「今の自分は違う」ということをアピールしているわけです。
広告マンですから、言外に込めたメッセージの出し方は百も承知している。
 うんなわきゃ無いだろう! こういうゲスな男は、バレない限り、自分の性癖
を改めるなんてことは絶対にありません。今もやっているに決まっている。反省
も糞もない。この文面から滲み出て来るのは、「俺は反省も何もする気は無いが、
ばれたからには一応、謝っとくよ、世間になw」という傲慢な態度でしかない。
 気鋭のクリエーターが、こと自分のこととなると、ろくなセルフ・コントロー
ルも出来ずに、愚劣な正体を晒す場面は痛快ではあります。
 今年、いろんな人々が株を下げたけど、年末ぎりぎりに彗星の如く現れた、ボ
スキャラです。

※ 宇宙飛行士・金井宣茂さんのあふれ出るアニメ愛 ソユーズで国際宇宙ス
テーションへ
http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/17/kanai-anime_a_23309689/?utm_hp_ref=jp-homepage

 この人、半年もISSで暮らすんですよね……。DMMへのアクセスは出来る
んだろうかw。でも帰還した宇宙飛行士のリハビリって結構大変で、半年経って
も歩行訓練とかやっているのね。良い旅を!

※ 大宮風俗店火災 南側非常口が激しく損傷 逃げ遅れたか
https://mainichi.jp/articles/20171218/k00/00e/040/165000c

 3階建てで、どうしてこんなことになるんだろう。8割9割方は逃げ出したけ
れど、それでもその人数が逃げ遅れたということだろうか。合掌。

※ 内閣支持率横ばい50% 安定感に期待、不信なお強く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24744380X11C17A2PE8000/
*内閣支持率3割台に下落 NNN世論調査
http://www.news24.jp/nnn/news890163310.html

 日テレの数字は何なんだろう。日経との乖離が大きすぎるけれど。

※ 安倍首相、ついにパーティーで酒を飲みまくる昭恵夫人に激怒し一喝か
http://b...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る