元横綱日馬富士の傷害事件、背景に「八百長事件」「反社会的な相撲賭博」があると言われ、下手な処分は禍根残す

元横綱日馬富士の傷害事件、背景に「八百長事件」「反社会的な相撲賭博」があると言われ、下手な処分は禍根残す

2017年12月20日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年12月20日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
元横綱日馬富士の傷害事件、背景に「八百長事件」「反社会的な相撲賭博」が
あると言われ、下手な処分は禍根残す
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 これは、日本相撲協会の内部事情に詳しい専門家筋の話である。
 「八角理事長(元横綱北勝海)は、元横綱日馬富士(伊勢ヶ濱部屋)が平幕
貴ノ岩(貴乃花部屋)の頭をビール便で殴ったことを隠させたけれども、その
場に居たモンゴル出身の横綱鶴竜関(井筒部屋)ともう一人、関脇照ノ富士関
(伊勢ヶ浜部屋)が『こういう事実があるのに、冗談じゃない。悪いのは白
鵬』と喋っている。しかし、その報告を受けた八角理事長が、『全部隠せ』と
隠蔽の指示をした。それで、貴乃花親方が怒った。このため相撲協会は貴乃花
親方の処分は仕切れない。処分した途端に、すべてを洗いざらいバラされる。
鶴竜と照ノ富士関が寝返って警察にも暴露しているだけに、最後は、白鵬が引
退しなければ収まらない。貴ノ岩は右の耳の裏側の骨も折れているらしい。そ
の診断書を副理事の親方が、たまたま診断書を書いた病院と知り合いだったた
め、別の診断書を書くように頼んだ。それらはすべて八角理事長が指示したこ
とだった。だから、貴乃花親方は取り合わない。司直は、ビール瓶を凶器とみ
なすため、刑が重い。いま表に出ていることはすべてウソだということになる
と、警察も大変なことになる。略式起訴しては罰金刑で収めることはできない
だろう。これが裁判で証明されたら、裁判所としても人気取り裁判となるの
で、目立つ案件になり、間違いなく、大騒ぎになるだろう。だから、裁判所は
国民の手前、本気になって審理を進めて判決を出すだろう」

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る