Vol.210 「左利き論」について感じること、過熱気味な仮想通貨ビジネスの実情、Amazon独り勝ちなパブリッククラウド市場などについてあれこれ

Vol.210 「左利き論」について感じること、過熱気味な仮想通貨ビジネスの実情、Amazon独り勝ちなパブリッククラウド市場などについてあれこれ

2017年12月20日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.210
--「左利き論」について感じること、過熱気味な仮想通貨ビジネスの実情、
Amazon独り勝ちなパブリッククラウド市場などについてあれこれ
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         2017年12月20日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】親野智可等さんの「左利き論」が語るべきもの
……………………………………………………………………………………………

 先日来、Facebookでも私たち左利きが集まり話題になっていた記事がありまし
て、まあおおいに賛否両論になりました。

「左利きの矯正」を当然とする社会圧の代償 それは「自分らしく生きる」こと
の否定だ | 子どもを本当に幸せにする「親の力」 - 東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/201195

 私などは、左利きは「ぎっちょだから直しなさい」と両親から言われて矯正し
た結果、鉛筆や食事は右手、ボール投げや細かい作業、スマホ入力などは左手と
いう、いわゆる「両利き」になりました。もっとも、小学校時代は習字や剣道の
授業で右利きのクラスメートに比べて満足に上手くやることができず、非常にス
トレスが溜まったのはいまでも記憶に残っています。

 しかしながら、左利きは個性だ、尊重されるべきと正面から言われると、「そ
れはそうかもしれないけど、世の中の大半は右利き用にできていて効率的に回っ
ているのだから、多少の不便を享受しないとやっていけない」のも事実です。と
いうより、左利きが尊重されるべきという意見は肯定されても、右利きが有利に
出来ている仕組みに適合しなければいけないのであれば、表面上いかに左利きの
権利を主張しても意味を持たないのです。

 例えば、私が右手で文字を書くことを練習した理由は、左手で鉛筆を使うと字
が汚くなるのは自分でも良く分かっているからでした。だからこそ、ペン習字の
本を買ってきて自分で取り組んだり、率先して練習することで、いまでは立派に
かわいい丸字を右手で書けるようになりました。もっとも、小学校5年のときに
ある遊びでうっかり左手の人差し指と中指の関節を外してしまったり、コンビー
フの缶を開けようとして左手の親指の付け根をざっくり切ってしまった折に中学
校受験の模試があったため、否が応でも書かなければならなかったのですが。

 左利きが右利きに差別されないようにとまでいうのであれば、左右逆転して左
手で右から左に書く横書きも社会的に通用してもらうようにしなければ平等には
なりません。でも、そんなことは初めから無理であることが分かっています。左
利きが「そうして欲しい」と冗談で言うことはあっても、家庭の教育や本人の志
向として矯正されることが社会圧だと批判してほしいと思うことはまずないと思
います。

 左手が苦労するのは世の中が左手を理解しないからだ、という論考そのものは
分かります。しかしながら、世にあるハサミは右利きであり、自動改札の切符入
れやSuicaは右側にあって、左利きの個性が尊重されようが才能を認められよう
が世の大多数の人たちである右利きの人たちが不便を被ってまで左利きを同じよ
うに扱えとはならんでしょう。

 そうであるがゆえに、左利きが社会に出て不利だと思う親は我が子が左利きで
あることを気にして矯正することがあるのは、一般的な家庭内の躾の問題であっ
て、そういう不利を理解して自己嫌悪に陥らないようにするべきというレベルの
話でしかありません。

 左利きだから良い人生が送れない、勉強はもとより遊びも楽しめないと教育評
論家がいうことは、世にいる左利きの避けられないストレス、乗り越えてきた障
害を無理に大きくしているのではないかと感じます。子どものために左利きを矯
正しようと思う親がいたとしてもそれは社会的に非難されるべきものではない
し、左利きとして例え日常生活で不利であってもそのままで認めてほしいという
気持ちも分かります。しかしながら、問題だと叫んだところでどう考えても解決
されない問題を作り上げて、左利き矯正は社会圧だと断じることに何の意味があ
るのかは冷静に考えなければなりません。

 それを言い始めたら、視力の悪い子が眼鏡をかけるのは不利だ、下あごの成長
が遅くて歯列の並びが悪い子も硬いものが食べられなくて不利だ、などさまざま
な遺伝的な特質もストレスであり、コンプレックスになります。強力な体臭も不
細工も巻き毛もチビもハゲもすべてはその人の個性だから改善しろというのは社
会圧になるのかという話になります。もちろんこれは極論ですが。

 人間は遺伝から逃れることはできず、身体的な特質は左利きであろうが生まれ
つきの近視であろうが不利なこともあります。そもそも左利きは生命保険の世界
では常識ですが生活上のストレスに直結することもあり寿命が短いというのはす
でに分かっている知見です。左利きとして思うのは、これらを無理に社会圧だと
断じるよりも、左利きなりの工夫をする知恵を捻るほうが大事なんだということ
であります。

 こういう人間のちょっとした差異を見つけてきて社会問題化する必要がどこに
あるのか非常に疑問に思うのですが、どうしたもんでしょうか。


◆当メルマガ「山本一郎 - 人間迷路」を「BLOGOSメルマガ」でお読みの方へ◆

 2018年3月26日付をもって、ご愛顧いただいていました「BLOGOSメルマガ」が
サービス終了になります。以後、当メルマガ「人間迷路」は「夜間飛行」が運営
するメルマガスタンドにすべて一本化する形になりそうでして、お手数ですが是
非これを機会に以下の「夜間飛行」でのご購読で継続していただければ幸いで
す。

夜間飛行メルマガ 山本一郎 人間迷路
http://yakan-hiko.com/kirik.html

 なるだけ多くの方にBLOGOSから夜間飛行へ移行していただきたいと願っており
ますので、ぜひよろしくお願い申し上げます!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
目次
【0. 序文】親野智可等さんの「左利き論」が語るべきもの
【1. インシデント1】懸案と焦燥の仮想通貨狂想曲
【2. インシデント2】Amazonのクラウドサービスがいよいよ無双状態になりつつ
ある件
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る