2017.12.22 きんようメルマガ 243回/佐高 信《中国残留孤児への男女差別》

2017.12.22 きんようメルマガ 243回/佐高 信《中国残留孤児への男女差別》

2017年12月22日発行

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   2017.12.22 きんようメルマガ 243回/佐高 信
   《中国残留孤児への男女差別》

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         次号は2018年1月12日に発行します。         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『週刊金曜日』を「きんようびのはらっぱで」から読むという人が少なくあり
ません。インターネットが普及しても、本誌が選んだ「市民運動から講演・映
画・音楽イベントの情報案内板」への信頼が高いということでしょう。この
メールマガジンにも掲載しておりますので、ぜひご活用ください。

 このメールマガジンは年内最終となります。次の発行は2018年1月12日とな
ります。本年も御愛顧ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたし
ます。(Web編集長・伊田浩之)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】編集長コラム
【2】風速計
【3】今週号の特集
【4】金曜アンテナ
【5】〈メルマガ限定〉発行人コラム
【6】編集後記(金曜日から)
【7】〈メルマガ限定〉現代日本を読み解く200冊
【8】〈メルマガ限定〉神保町ゴンゾ日記
【9】きんようびのはらっぱで
  (市民運動から講演・映画・音楽・イベントの情報案内板)
                      http://www.kinyobi.co.jp/


┳━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃好評発売中┃
┗━━━━━┛日中戦争から80年 加害の歴史に向き合う
       [『週刊金曜日』編]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は、日中全面戦争開始から80年。侵略戦争への深い反省から始まったはず
の戦後はいま、大きな危機に直面している。歴史歪曲主義者の安倍晋三首相は
ふたたび「戦争国家」への道を暴走し、民主主義そのものが崩壊させられよう
としている。私たちは、あらためてアジア太平洋戦争の実相をみつめ、いまと
将来のために加害の事実を振り返り、向き合う姿勢が必要だ。本ブックレット
は日中戦争開始から80年となる2017年7月から10月の各月1回、「日中戦争
80年共同キャンペーン実行委員会」が企画した学習会の内容を再録したもの。

定 価:1000円+税
サイズ:A5判並製 136頁
ISBN:978-4-86572-024-2
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002464.php


┳━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃好評発売中┃
┗━━━━━┛検証 産経新聞報道
       [『週刊金曜日』編]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍政権応援メディアの正体

「慰安婦」も南京大虐殺も沖縄の集団自決も、みんな事実ではない――こんな
暴論を書き続けてきた『産経新聞』。同紙をウォッチしてきた学者やジャーナ
リストが事実をもって反論する。


定 価:1500円+税
サイズ:四六判並製 336頁
ISBN:978-486572-021-1
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002337.php


───────────────────────────────────
【1】編集長コラム
───────────────────────────────────

 昨日の本誌創刊24周年記念集会は、盛況のうちに幕を閉じた。

 第1部、9団体による「日中戦争から80年共同キャンペーン」には、「中身
が濃い」という感想を会場で耳にした。師走の日曜日、1部、2部を通すと6
時間を超える長丁場だった。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございま
した。

 今年最後となる今週号には、櫻井よしこさんが登場してくれた。電話インタ
ビューではあるが、「猪瀬直樹知事(当時)批判」以来だ。本来は先週号の特
集で掲載できればよかったが、日程的にそれは叶わなかった。憲法観、国家観
など、本誌と正反対の立ち位置にいる櫻井さんが本誌に登場してくださったこ
とには、最大限の敬意を表したい。

 今年は、朝鮮半島危機や中国の脅威に乗じた日米同盟の強化や南西諸島への
自衛隊配備などが進み、日本が根底から変えられていく危惧を抱いた。来年は
憲法改正の発議、そして国民投票が待っている。立憲主義を守るべく、本誌も
みずからの使命を果たしていくつもりだ。(小林和子)


───────────────────────────────────
【2】風速計
───────────────────────────────────

□■中国残留孤児への男女差別(佐高 信)■□

 本棚から、ふと土井たか子との共著『護憲派の一分』(角川oneテーマ
21)を取り出してパラパラとめくっていたら、1981年当時の、ひどい男女
差別の話が書いてある。

 そのころから中国残留日本人の肉親捜しが始まったわけだが、残留孤児の男

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る