▲▽バンドワゴン効果▽▲

▲▽バンドワゴン効果▽▲

2017年12月21日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽バンドワゴン効果▽▲

 昨日はご迷惑をおかけしました。生活リズム修正フェーズに入ったので、今日
からしばらく、寝る前のタイマーセット更新です。ちなみに今朝は、4時半にセ
ットして寝てます。それが毎日、30分くらいずつ押していく感じになります。
今日は、巡回を開始してから、7時間の作業量で、更新作業まで辿り着きました。
それでも、昨日書くつもりだったニュースがたぶん10本前後落ちています。自
分で書いてて何ですが、とんでもない分量ですorz。
 新刊は、今日辺りには、かごんままで届くかと思います。

※ 竹やぶ再現、パンダ舎22億円の広い新居へ
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171220-OYT1T50006.html

 国営放送とか、短いニュース枠でこんなどうでも良いネタを冒頭から延々と垂
れ流しているのは、何か政権にとって不都合なニュースを流す時間を削るためな
んですかねぇ?

*“シャンシャン”で勘違い、中国外務省報道官会見で・・・
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20171220-00000047-jnn-int

>「パンダのシャンシャンが今日(19日)東京で一般公開されたがコメント
は?」(日本人記者)

 はあorz。どこの社? こんな下らんご機嫌取りに励むのは。

※ さいたま・大宮の風俗店火災 3人の身元判明
https://mainichi.jp/articles/20171220/ddm/041/040/170000c

 この記事を読んだ時に、マスゴミとしても、この辺りが妥協点なんだろうな、
それでも葬式とか行ったら、住所と年齢でばればれじゃん。これで配慮したつも
りなんだろうか? と思っていたら、TBSは堂々と実名を流しちゃったんでし
ょう? 金平さんとかに聞いてみたいよ。被害者の人権とかお宅は配慮する気は
ないの? と。

※ 安倍政権の働き方改革で、所得が年15万円減る見通し
http://biz-journal.jp/2017/12/post_21756.html

>働き方改革の目玉の一つは「残業時間の規制」です。

 ネトウヨさん、息してますかぁw。までも、残業時間の削減は絶対必要よ。簡
単に言うと、残業時間を減らすために、雇用を増やし、低賃金労働から高収入な
仕事に人材をシフトさせなきゃならない。そのためにも残業時間は減らすべき。
 もちろんそれまでの低賃金労働は人がいなくだろうから、そこは移民を入れる
しかない。

※ 昨夜、来日中のスティーブン・バノン氏との夕食会に参加しました。
https://twitter.com/Maehara2016/status/942942723014762498

 何やってんの? この人は。トランプの側近が何をどう考えているのか知るた
めに、話をするのはオッケー。でもこんな写真を、そのキャプションをつけて公
開するか?w。
 この人の外交センスの無さはいったいどこから来るんだ。師匠の高坂先生が知
ったら泣くぞorz。
 バノンの日本でのインタビューを何本か見たけれど、ただのバカw。北朝鮮問
題に関する発言にしてからが、ああorz、と呻きたくなるようなレベルだった。

※ 3カ月更新の契約で17年勤務...そして、突然の「雇い止め」 58歳派遣社員の思いは
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00010003-huffpost-soci&p=1

 こういう話に、一番冷淡なのは、正社員ではなく、実は彼女と似たような生活
の不安に晒されている非正規であり、われわれフリーランスです。なぜそんな状
況で今日まで来た、甘えだ、自己責任だと非難する。
 でも、正社員というポストは有限で、皆がそれを手にできるわけではないし、
この世には、チャンスに恵まれなかっただけではなく、不器用な人も一定数存在
する。そういう人々を抱擁して一緒に前に進めるのが社会であり文明のあるべき
姿です。
 社会には、目指すべき理想があって、その片方で、厳しい社会を生き抜く術、
現実がある。それをたまたま目撃した時に、正社員があざけるのは仕方無い。そ
ういう不運と遭遇せずに済んだ幸運な人々だろうから。でも同じ非正規やフリー
ランスの人々が非難するのは、悲しいことです。

※ 日本人が"中国の傘下"に拒否感をもつ理由
http://president.jp/articles/-/24004

>民主党政権の「対中接近」破綻の後で
>こうした「対中バランス」の政策方針は
>日本の政治風土では異形な「対中バ...

バックナンバー

  1. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

  2. ▲▽野菜高騰▽▲

    2018年01月17日発行

  3. ▲▽ロング・ロード・ホーム▽▲

    2018年01月16日発行

ページの先頭へ戻る