▲▽ぼったくり▽▲

▲▽ぼったくり▽▲

2017年12月24日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽ぼったくり▽▲

 きっと、君は来なぁい~。(一般的な慣用表現です)

 せっかくの日曜なのに、お天気はいまいちで夕方以降は首都圏も雨になりそう
で残念ですね。少子化の危機に見舞われた我が国、今夜はぜひ、撃ちてしやまん、
勝つまでは! の敢闘精神で若い衆には頑張って欲しいものです。

 本音。雨だって? ザマァ!w。言葉がわからなかったばかりに仲間外れにさ
れ、ぼっちで帰った関ヶ原の想ひ出orz……。やれ景気は回復しただのバブリー
な習慣が戻りつつあります(WBS)だのと! これ以上、奴らリア獣の跳梁を
許してはならん! 粉砕せよ! リア充とサークルクラッシャーどもを断固粉砕
せよ(>_<)~!(せっかくだからタシロ提督の声で)

※ 安倍首相、韓国への渡航「問題ない」
http://www.sankei.com/politics/news/171223/plt1712230006-n1.html

>今後の北朝鮮情勢に関連し「基本的には(来年2月に)平昌冬季五輪があるから、大丈夫だ。

 あれだよ。きっと年が開けたら、ノビー先生とか夕刊フジやJBpressとかが、
開戦はオリンピックが終わってから、としたり顔で飛ばすんだよ。

※ 2年間、自分だけ“説明なし” 高槻市の議員説明資料で発覚
http://www.mbs.jp/news/kansai/20171221/00000054.shtml

 これはちょっとあんまりだよね。総務省は指導すべき。こういう話を聞くと、
大阪で維新が人気を得る理由もなんとなくわかる。
 所で、私は全然知らなかったんだけど、国レベルでは、当然、与党用と野党用
のレク・ペーパーをお役所は別々に用意するわけですが、実は、同じ与党でも、
公明用はまた別に用意されるんだそうです。

※ 物価目標は二次的 無理な追加緩和不要 浜田宏一・内閣官房参与
日銀 異次元の次はどこに
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2482430019122017000000/

 日本人で一番ノーヘル賞に近い大先生と持て囃されたけれど、リフレ派の皆さ
ん、息してますかぁ!w。

※ 中国の出前アプリ「餓了麼」、聴覚障害の配達員向け自動音声通知機能を開発
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-03156327-clc_cns-cn

>麼

読み(音読み)「バ」「マ」「モ」
意味 小さい。細かい。(kanjitisiki.com)。ただ、「餓了麼」と書いて何と
読むんだろう。

 ひょっとして、文明史で初めて、自由を身につけることなく人権を身につける
国が生まれるんだろうか?

※ 「いじわる金正恩」のクリスマス禁止令
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171222-00010003-newsweek-int

 ど、同志よ!(>_<)。

※ 米、ウクライナに対戦車ミサイルなど提供へ
http://www.afpbb.com/articles/-/3156462

 この話は、実はもの凄く複雑な話になっていて、ウクライナというのは、冷戦
時代からソヴィエトの先端工業地帯で、冷戦崩壊後も、航空機産業や兵器産業が
生き残り、それらはロシアや中国と仲良くやっていた。
 所が、ロシアと実質戦争状態になって、ロシアはウクライナ製のパーツが入ら
なくなって、それを今は中国が穴埋めしているんです。かつてはウクライナが作
っていたロシア製のいろんな武器のパーツ(恐らく航空機関係も)を今、中国が
生産している。所が中国は、実はそれを作っているのが自国だという認識がない
みたいなんです。汎用品としてロシアは買っているから。
 一方で、北朝鮮のミサイル開発の背後にいるのは、今では中国ではなくウクラ
イナだと言われているのに、米帝はそれを止められずに、見ない振りしてこんこ
なとをするわけです。
 国際政治は複雑怪奇です。

※ 「ぼったくりゲーセン」社長らに詐欺容疑 全国初の逮捕
https://www.asahi.com/articles/ASKDR5Q4RKDRPTIL00L.html?iref=comtop_8_07

 インバウンドで食っていくなら、こういう連中は時間を掛けずに摘発して根絶
しなきゃ駄目よ。その何十万も使った外国人って、たぶん中国人のことだよね。

※ 信号機のない横断歩道、止まらぬ車 運転者の意見は?
https://www.asahi.com/articles/ASKDN5VF3KDNUPQJ00C.html

>高齢者の方はこちらを見て横断を始...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る