▲▽空母いずも▽▲

▲▽空母いずも▽▲

2017年12月26日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽空母いずも▽▲

 3日分くらいの便秘が解消されたようなニュース量です。

※ 護衛艦「いずも」空母化…離島防衛の拠点に
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171225-OYT1T50161.html?from=tw

 このニュースは、いろいろ面白いポイントがあって、実は朝日はガン無視なん
ですね。今朝の朝刊にも記事はありません。後追いしたのは読売のみ。産経は取
材力に難があるから仕方無いとは言え、産経ですら続報もない。
 朝日が追いかけないのは謎ですね。当然、同じネタは持っています。恐らく、
昨日の共同の記事は、防衛省による世論の反応を見極めるためのアドバルーンで、
それを読売が引き取ったということでしょう。
 ただ、その読売の記事に関しても不思議なのは、肝心の戦闘機はどうするの
か? が一切ないんですね。

 所で、海自は最初からこれをヘリ空母として造ったのか? れいの漁船と巡視
船の衝突事件が発生して、日中関係が緊迫化するのは、2010年のことです。
いずもの建造は2012年からだから、この時にはすでに設計は終わっている。
 ただ、最近ああそうだったのか……、と思うのは、哨戒ヘリが足りないという
話がずっとありました。今にして思うと、海自は、哨戒ヘリを、4隻分装備する
気はさらさらなかった。この二隻には哨戒ヘリ以外のものを積む予定だったから
……、なんてことを思ったりしています。

※ 背筋が凍る! 日本の海上における自衛力はもはや「島国のレベルを超越」=中国
http://news.livedoor.com/article/detail/14074698/

 何をたわけたことを仰います若旦那! 背筋が凍るなん大げさな。われら小日
本、若旦那に隠れて、ひっそりと暮らしていく覚悟でごぜぇますだ。

※ F35を購入した日本、中国軍機の監視に使えないうえJ20にかなわないと気づ
く―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/b234515-s0-c10.html?utm_source=gunosy

 仰る通りです! 若旦那。F35、AだろうがBだろうが、恐るるに足らず!
 J20最強! ささ景気良くもう一献。(どんどん作ってね! J20量産で
お宅のリソースを食い潰して貰えると嬉しいw)

※ 中国の外交はなぜ韓国に厳しく日本には甘くなっているのか
http://diamond.jp/articles/-/154330

 これは確かに、注目して、研究すべき課題ですね。日本に対する姿勢はともか
く、韓国の扱いは、いくら何でも酷すぎるw。

※ 外相専用機導入を見切り発車してはならない~「中古で小さくていい」は全
くの素人的発想で実は非効率~ 織田邦男
http://blogos.com/article/267478/

 OBとしては、当然の疑問ですよね。機体だけ外務省予算で買って、運用を押
しつけられてはたまったものじゃない。777の買い増しは、検討する価値はあ
ると思います。
 ランニング・コストを人件費込みで比較したら、たぶん、たいして変わらない
結論になるでしょう。せいぜい燃料費で差が出る程度で。

※ ボーイング、航空自衛隊向けKC46Aペガサスを契約 FMSの一環で
http://flyteam.jp/news/article/88503

 ましかし、この機体で良いのなら、機体規模が同様のC-2のタンカーはなぜ
検討されなかったの? お父さんは、私のこと本当は嫌いなの? という話にな
ります罠。

※ あおり運転 暴行容疑で立件検討 警察庁が全国に指示
https://mainichi.jp/articles/20171226/k00/00m/040/158000c

 結構だけど、道交法も刑法も、悪意を持って運転するドライバーを想定してな
いでしょう。ここは速やかに法改正しないと。

※ 中国人の平均年収高すぎw
http://warotanikki.com/86121

 農村部まで入れた数字とはとても思えないけれど、こんなものでしょう。連中
の金遣いの荒さを考えると。日本は負けたんですよ! あらゆる意味で。日本人
は変化を嫌い、旧態依然としたオールド・システムにしがみついて、中共に負け
たんです。
 そうじゃないとか言っている連中は、ブラジルの勝ち組みたいなもんです。

※ <安倍政権5年>景気回復もデフレ脱却見えず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000002-mai-bus_all

 ギャー! 先生! 患者のリフレさんが息をして...

バックナンバー

  1. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

  2. ▲▽野菜高騰▽▲

    2018年01月17日発行

  3. ▲▽ロング・ロード・ホーム▽▲

    2018年01月16日発行

ページの先頭へ戻る