▲▽空自が35B?▽▲

▲▽空自が35B?▽▲

2017年12月27日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽空自が35B?▽▲

※ 「いずも」型護衛艦の空母化を検討、F35Bを運用=関係者
https://jp.reuters.com/article/self-defence-izumo-idJPKBN1EK07J
*護衛艦いずも、空母に改修検討 防衛省、離島防衛名目に
https://www.asahi.com/articles/ASKDV51MFKDVUTFK010.html?iref=comtop_8_05

 朝日はようやく一面の端っこに記事が出ました。嫌々という感じですが。ウヨ
産経は可哀想。こんなに日本の防衛に尽くしているのに! 肝心な時にスクープ
を貰えないんだもん。
 で、先日F-3開発見送りをスクープした、ロイターの久保さんの記事が一番
正確でしょう。それでも、ソースが内局なのか空幕なのか海幕なのか書かずに政
府関係者としている所は、諸々の配慮でしょう。
 ここで書かれていることは、イーグルの減数をB型に当てて(これは読売だっ
たかな?)、それを空自が運用するということです。ある意味、ウルトラCです。
これなら、表見上、支出増は、いずもの改装費だけで済む。どの道、イーグルの
代替機は必要だったわけで。
 ただこれは、空幕の同意を得た案だとはとても思えません。海幕が勝手に言い
出して、内局が、じゃあその案でと同意したとしたら、まだまだ波乱があるでし
ょう。
 それと、懸案の強襲揚陸艦です。本命は、もちろんこちらになります。恐らく
は、アメリカ級にスキージャンプ台を付けるような感じになるのでしょう。いず
も、かがは、あくまでもそれが配備されるまでの繋ぎです。
 ただし、海兵隊機を運用というのは、ちと泥縄が過ぎるw。海兵隊にとっても
寝耳に水の話でしょう。
 それにしても、海自は、どうやって予算を捻出するんだろう。空自が運用とな
ると、海自は美味しい所だけ貰って、貧乏くじを空自に引かせるということにな
りますが、そんなに美味しい話が纏まるんだろうか。

※ 内閣発足5年についての会見
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201712/26kaiken.html

>この5年間、衆議院選挙3回、そして参議院選挙2回、5回の選挙で国民の皆
様から力強い御支持を頂いて、

 はあw。あんた過半数の支持すら取ってないからな。選挙で勝ったというだけ
の話。国民の1/4しか支持していない。しかし5年間、毎年国政選挙やってい
るなんて異常だよね。

 昨夜の報ステで、年末の株価を充てた嶋中氏が出演して、自説の「ゴールデ
ン・サイクル」は来年2年目に入るから、景気は更に上向くと仰っていたけれど、
どうなることやら。
 5年も政権を回していて、先進国中、最低の経済から抜け出せないんだもん。

※ コラム:2018年春闘で決するアベノミクスの評価=永井靖敏氏
https://jp.reuters.com/article/column-yasutoshi-nagai-idJPKBN1EK03B

>日本では、正規雇用の賃金が伸びにくい2つの要因がある。1つめは、正規雇
用の労働市場が硬直的で

 これに尽きるでしょう。ただ、春闘が一つの鍵になることは同意するけれど、
そこで上がった賃金は、結局は国が全部持っていくわけでしょう。その辺りのこ
とを試算したなんとか総研とかあるはずなんだけど、政権を忖度してか出さないんだよね。

※ 稲田朋美・前防衛相が泣き出しちゃった「百人斬り講演会」“実況中継”
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171221-00534783-shincho-pol

 とにかく、この人を二度と公職に就けないことです。政治家で居続けることは、
阿呆な選挙民がすることだから仕方無いけれど、公職から遠ざけることで、国難
は阻止できる。

※ 「基本的に運転士が悪い」JR西元相談役の主なやりとり
https://www.asahi.com/articles/ASKDV7268KDVPTIL02X.html?iref=comtop_8_02

 この発言を引き出した記者さんは、その瞬間ヤッター! と思っただろうね。

※ 大学生が左翼教授を論破「戦争には反対だが僕はやられたらやり返す。自分
の命より憲法9条のほうが大事という人はそうしてください」
http://netgeek.biz/archives/109191

>井田洋子教授の思想について調べてみた。
>まず長崎大学

 この程度で国公立大学の教授が務まるなんて、本当、文系は糞! 法学部なん
て税金の無駄遣いだから、国公立から無くせ! 私立...

バックナンバー

  1. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

  2. ▲▽野菜高騰▽▲

    2018年01月17日発行

  3. ▲▽ロング・ロード・ホーム▽▲

    2018年01月16日発行

ページの先頭へ戻る