Vol.212 ビットコインはバブルであるという話、解決の光が見えない国内ゲーム産業の抱えるガチャ問題、大きくなりすぎたSNSの社会的影響などを論じる回

Vol.212 ビットコインはバブルであるという話、解決の光が見えない国内ゲーム産業の抱えるガチャ問題、大きくなりすぎたSNSの社会的影響などを論じる回

2017年12月27日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃人間迷路┃Vol.212
--ビットコインはバブルであるという話、解決の光が見えない国内ゲーム産業の
抱えるガチャ問題、大きくなりすぎたSNSの社会的影響などを論じる回
                           やまもといちろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         2017年12月27日発行
……………………………………………………………………………………………
【0.序文】2017年、バブルの時代に
……………………………………………………………………………………………

 一年を振り返って、と言われるとどうしても暗号通貨の一連のバブル現象と行
く末について思いを馳せてしまうのであります。この原稿を書いている12月25日
時点でビットコイン(BTC)はいまなお100万円以上の値段がついているものの最
高値からは4割近い下落をしたり、大幅にリバったりと、もはや完全なチューリ
ップ状態です。

 個人的には、この現象を読み解くためにはエドワード・チャンセラーの名著
『バブルの歴史』(日経BP)を強くお薦めするのですが、この中で語られている
南海泡沫事件やチューリップバブルはいつ読んでも教育的で、また示唆に富む内
容であると私は思います。

バブルの歴史 チューリップ恐慌からインターネット投機へ
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P00190.html

 つまりは「バブルは崩壊してみないと分からない」うえに「投機的な動きは投
機的な動きを呼ぶため、本来の価値や価格を考察することが無意味になる」こと
が重大な事態を引き起こすと言えます。

 逆に言えば、今回のビットコイン「バブル状態」は金融業界からは危険視され
ますが、ICTやネット業界からは革命的な技術であるから新たな経済的な側面に
到達しつつあるのだと楽観的に見る動きが強くなります。常識的には裏付けがあ
ろうがなかろうが値段の付く相場というものはボラティリティはあれども長い目
で見れば平均へと回帰していく現象があります。現在がその平均へ戻っていく特
異点にすぎないのか、より拡散して未来志向に進歩していく技術革新の過程なの
かは一般には判断がつきません。

 私は完全なバブルだと思っているので、不安定な相場を承知のうえで博打と思
って鉄火場にいきたい人以外がこの相場が「儲かる」と思って参入することはお
薦めしていません。そればかりか、前回のメルマガにも書きました通り、ビット
コインの取引業者も含めて非常に問題のある取引を平気で行う状況が横行してい
るので、この暗号通貨相場とは別の側面で業者リスクというものが存在している
と思っています。素人が手を出して濡れ手に粟になれる期間はそう長くはないと
いうのが正直なところです。

 一方で、暗号通貨を制御できるイントラネットのような仕組みの中で完結でき
るのであれば、これはこれで非常に画期的な技術であることに間違いはなく、ま
た大量のマイニングを必要としないのであれば特定の金融グループ内での国際決
済のコストダウンや堅牢化などの利点は多数あるというのは事実だろうと思いま
す。それが一般の人たちに本当の意味で利益を享受させるのは国際決済が安くな
ったり、銀行振り込みの手数料がなくなったりという分野じゃないかと思うので
すが、なぜか暗号通貨のところだけが乱立し、いろんな通貨がパッケージとして
ブランド競争をし始めると、これはもう完全な博打になるわけですから、プロで
さえ大変だろうという世界であることは言うまでもないのです。

 いずれ大きな規制が入るなどして火消しがされる… のが常道ですが、ここま
で加熱してしまうと当局の指導一本で市場を冷やすことはオーバーシュートのリ
スクがあるのでやりたがらないのが正直なところだと思います。このようなリス
クの塊のような相場をいつまで放置しておくのかはなかなか判断がむつかしいと
ころなんだと強く感じますが、このあたりは告発でもしておいたほうがいいんで
しょうか…。


◆最近の書き物など◆

「科学よりも風評」「安全より安心」な日本人の感情論が科学を停滞させる
http://bunshun.jp/articles/-/1906
日本の科学技術振興と、アレな人たちをうまく包摂してやる社会 【書評】『面
白すぎる天才科学者たち 世界を変えた偉人たちの生き様』
http://bunshun.jp/articles/-/5252
「繁栄する中国」に不安を投影して盛り上がる日本人
http://bunshun.jp/articles/-/5400
もうクリスマスに何も感じない
http://bunshun.jp/articles/-/5494

糸井重里さんが推した『世界一のクリスマスツリー』を巡る顛末
http://dailynewsonline.jp/article/1385440/
副業・兼業は認めるべきか…に見る働き方改革のゆくえ
http://dailynewsonline.jp/article/1387071/

やまもといちろう 無縫地帯(Yahoo! JAPANニュース個人)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/
やまもといちろう オフィシャルブログ
http://lineblog.me/yamamotoichiro/


◆当メルマガ「山本一郎 - 人間迷路」を「BLOGOSメルマガ」でお読みの方へ◆

 2018年3月26日付をもって、ご愛顧いただいていました「BLOGOSメルマガ」が
サービス終了になります。以後、当メルマガ「人間迷路」は「夜間飛行」が運営
するメルマガスタンドにすべて一本化する形になりそうでして、お手数ですが是
非これを機会に以下の「夜間飛行」でのご購読で継続していただければ幸いで
す。

夜間飛行メルマガ 山本一郎 人間迷路
http://yakan-hiko.com/kirik.html

 なるだけ多くの方にBLOGOSから夜間飛行へ移行していただきたいと願っており
ますので、ぜひよろしくお願い申し上げます!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
目次
【0. 序文】2017年、バブルの時代に
【1. インシデント1】ネットゲームと賭博、景品表示法の問題について
【2. インシデント2】そろそろリテラシー云々だけでは事が済まなくなりつつあ
るSNSの社会的影響
【3. 迷子問答】迷路で迷っている者同士のQ&A
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る