▲▽反日の永久機関▽▲

▲▽反日の永久機関▽▲

2017年12月28日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽反日の永久機関▽▲

※ 「慰安婦」再燃不可避、秘密交渉も公表…韓国
http://www.yomiuri.co.jp/world/20171227-OYT1T50096.html?from=ytop_top
*韓国の学生ら「金ではなく謝罪」「法的賠償を」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20171228-OYT1T50033.html?from=ytop_top

>「結果として被害者の理解と同意を得ることに失敗した」

 被害者じゃ無く、それを利用して反日の宴を開いている連中だろうに。
 日韓合意が出来た時に、ネトウヨさんは無理筋に礼賛して、私は、余計なこと
をしてくれたと思ったけど、結局、終わって見れば、話が通じない相手に、また
も難癖の材料を与えただけに終わった。日韓関係を拗らせただけになった。
 あれ自体は、やいのやいの言うオバマ政権の圧力もあって仕方無かったかもし
れないけれど、結局今度もまた、ネトウヨさんは「これで思い知ったはずだ」と
言いつつ、また日本政府は、何らかの協議に応じて、またぞろ火種となるだけの
合意に応じるんでしょう。
 慰安婦問題は、反日が国是の韓国にとって、日本に難癖つけるための永久機関
と化している。そのことを認識しないと。世の中には、話が通じない相手はいる
んです。そういう相手のあしらい方を身につけないと。

※ 【オウム裁判】最高裁の決定は妥当だ
https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20171227-00079806/

 私も妥当な判決だと思うけれど、ひとつ抱く疑問は、あれから時間が経って、
われわれは今こうして冷静に判断できるけれど、あの騒乱の中で逃げ回っていた
彼女が逮捕されていたら、やはり同じ無罪判決を得られたのだろうか?

※ 橋下徹氏、日本維新の会の足立康史衆院議員へ「早く国会から消えてくれ」
http://www.hochi.co.jp/topics/20171227-OHT1T50054.html

>民間人の仕事にいちゃもんを付ける

 ここでこの人が連呼している「民間人」て自分のことですよね? まったくど
っちもどっちなレベル。

※ 【電子版】中国、2032年には米国抜く 経済規模で世界1位に-英民間分析
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00455809?twinews=20171226

 2032年まで共産党一党支配が続いていたらどうしましょうね。産業革命以
降、初めて、自由という概念を持たないビッグ・ブラザーが世界経済を統べるこ
とになる。

※ アマゾン、「参考価格」表記で有利誤認 消費者庁が措置命令
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/27/news093.html

 いつかやられると思っていたw。私は全くこの参考価格は見ません。あまりに
も当てにならないから。普段、自分がリピートしている商品の参考価格を見ると、
いかにいい加減かすぐばれる。

※ 新幹線亀裂問題 運行停止までの詳細なやり取りは
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171227/k10011273581000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

 管制ミスが原因の航空機事故と全く同じパターンですね。互いが互いを忖度し
あい、こちらの意思は相手に伝わったものと勘違いして大惨事に至る。

※ 【報ステ】生活保護の基準額引き下げに悲鳴
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000117626.html

>生活保護世帯を下回るケースがあったため引き下げを決めた。基準額は、生活
保護を受けていない世帯のうち、年収が下から10%の層の生活費と合わせるよう
になっている。

 変だよね。政府は散々、デフレは脱出しました! 景気も良くなり給料も上が
ります! と宣伝しているのに、なんでその下から10%の階層は更に貧しくな
っているわけよ?w。この5年間、国民は更に貧しくなったし、相変わらずデフ
レも終わりそうに無いからナマポ削ります、と国が白状しているようなものじゃん。

※ AI時代でも「消滅せずに稼げる」職種10
http://president.jp/articles/-/24068

 見事に、ブラックな仕事しか生き残れないという図式よねorz。

※ 木更津駐屯地でのMV-22定期機体整備、2017年度内は試験飛行実施せず
http://fl...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る