第298号 暗号通貨の税金の話といまからできるスゴイ節税で和牛ゲット、白金台のトラットリア、ビットコインの次は米国株バブルへ、コールドリーディング入門、他

第298号 暗号通貨の税金の話といまからできるスゴイ節税で和牛ゲット、白金台のトラットリア、ビットコインの次は米国株バブルへ、コールドリーディング入門、他

2017年12月28日発行

// 週刊金融日記
// 2017年12月28日 第298号
// 暗号通貨の税金の話といまからできるスゴイ節税で和牛ゲット
// 白金台のトラットリア
// ビットコインの次は米国株バブルへ
// コールドリーディング入門
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 いよいよ、本日、僕たちの『ぼく愛』のドラマです! テレ朝で深夜24:20から1時間ドラマです。ところで、番組表見ると、12/28(木)深夜0:20-と書いてあって、これ飛行機のチケットだと27日の深夜で、日付が28日になって20分経ったあとのことなんですよね。この辺、間違えると悲惨ですよ。業界によって、慣習が違うんですね。28日24:20-と書くのが一番いい気がします。
 ということで、今夜はTwitterで、#ぼく愛 #恋愛工学 で盛り上がりましょう(笑)。

●年の瀬恋愛ドラマ『ぼくは愛を証明しようと思う。』|テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/bokuai/#/?category=drama

 で、さっき気がついたのですが、いまをときめく世界的な暗号通貨取引所であるバイナンスのCEOが、なんか僕のことを昔からフォローしてくれてたみたいで、まあ、僕は暗号通貨界隈では大したブロガーではないし、参入したのも遅かったし、個人的にも大して儲けたわけでもないんで、なんでかな?と思ったんですが、おそらく、こういうことなんですよ。ずいぶん前に、『ぼく愛』は中国大陸の公用語である北京語に翻訳されているんですよ。きっと、彼はその北京語の『ぼく愛』を読んで、僕たちの恋愛工学の理念に共鳴したに違いないわけです。
 いまや恋愛工学は、リベラルアーツの最高峰として、世界のエリートたちの共通言語になっているのかもしれませんね。この日本語のメルマガ読者たちは、世界の恋愛工学コミュニティのいわばコアとなるメンバーたちなので、これからもいっしょに盛り上げていきましょう。 #ぼく愛 #恋愛工学

★『ぼく愛』は中国語に翻訳され、10億人以上の中国人が恋愛工学にアクセス可能に……。
https://twitter.com/kazu_fujisawa/status/809804467189055488

★バイナンス使ってみて、もうITや金融で日本は中国に追いつくことはないんだな、と思いましたわ、正...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る