▲▽キャッチボール▽▲

▲▽キャッチボール▽▲

2017年12月29日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽キャッチボール▽▲

 年賀状をプリントしていて更新が遅くなりました。こんなに早く年賀状が片付
くのは初めてかも知れないけれど、今年は、プリンタを買い換える羽目になった。
そのせいで、年賀状シーズンしかカラープリンタ使わないのに、たぶんもろもろ
で6万円前後使っている。
 たかが年賀状に、日本人は年収の何%無駄遣いしているんだろうという話です。

※ 慰安婦合意:安倍氏「1ミリも動かず」、日本メディアも激高
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/28/2017122802893.html
*韓国大統領 慰安婦合意の再交渉を示唆
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/28/2017122801718.html

 困ったことに、主要紙がまたぞろ、「韓国の言い分に耳を傾けろ」と言い出し
たでしょう。韓国側は、いつものことで、そういう連中の言葉だけを聞いて、日
本はまた押せば折れると勘違いしてやいのやいの喚き続けるんです。
 で、日本の主要紙はそのキャッチボールを受けて、また再交渉を政府に促すわ
けですよ。ずっと繰り返されてきたパターン。
 連中にとっての日本の世論は、朝日であり東京新聞であり中日新聞であって、
ウヨ産経や日経、読売なんて、ただのノイズでしかない。

※ 日本を「仮想敵国」とする韓国海軍の空母導入計画
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11539

 韓国のことだから、日本より先に持ちたがるでしょう。

※ 景気拡大なのに実質賃金が下がるアベノミクスの本質
http://diamond.jp/articles/-/154546

>超金融緩和で円安の流れを作り維持することで、輸出企業の生産を支え経済を
活性化させようとしますが、輸入物価の上昇や資源価格の上昇を招き寄せてしま
っているのです。
 もちろん、物価上昇率は、日本銀行が目指す「2%」に比べれば小さいのです
が、労働者が獲得する名目賃金の伸びに比べれば大きな数字です。
 そして、実質賃金の低下は、企業収益の改善に大きく貢献し、輸出の増加にも
寄与しています。<

 おおむね同意するとして、ちと最後が解らない。実質賃金が下がったからと、
雇用側は儲けは出ないと思うけれど。

※ マルチ商法「ジャパンライフ」の陰にまた昭恵夫人が登場
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/220446/1

 アララ。側近だけじゃなかったのねw。

※ 貴乃花親方への処罰感情、日増しに強く 理事解任を提案
https://www.asahi.com/articles/ASKDX6280KDXUTQP028.html?iref=comtop_favorite_01

 パンダとか相撲とかニュースのトップ項目に来るのは、本当に政権の不祥事を
隠したい忖度があるとしか思えない。
 それにしても、事実上の引退勧告ですよね。そこまで強気に出られるほど相撲
協会は国民から支持されてんのか?

※ 給料が手取り15万円と落胆する保育士の投稿が話題 共感が相次ぎ「月収10万円」の声も
https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-7689/

 こういう階層が増える一方であることを考えれば、せめて低所得者層に限って、
ベーカムを導入すべきでしょう。

※ <北海道職員>内定辞退6割超 知事も衝撃 景気回復が影響
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000004-mai-soci

 良いことですよ。こういう状態が日常化して、でも公務員の給料はこれ以上上
げられません、となった所で、選抜公務員制度の導入です。

※ 映画『ダンケルク』を見れば分かる「福祉国家」誕生の秘密
http://diamond.jp/articles/-/154354?page=5

 戦争が福祉制度の発達を促した部分は確実にある。

※ 小学生6人はねた女性 検察上告せず無罪確定へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171228/k10011274691000.html?utm_int=all_side_ranking-access_002

 なんでそうなったのかさっぱり理解出来ない。居眠り運転では無かったという
確たる証拠でもあったのだろうか。

※ フロントガラスにお湯を…寒さで窓...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る