▲▽F35追加▽▲

▲▽F35追加▽▲

2017年12月31日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽F35追加▽▲

 告知。年明けのメルマガ&ブログの更新は、3日からになります。

※ 空自F35数十機、追加購入へ 米に購入促され
https://mainichi.jp/articles/20171231/k00/00m/010/123000c

>1機数十億円以上かかるとされる。旧式は2020年代後半に退役時期を迎え
ることから改修せず、後継機を導入する検討を進めていた。

 なんで毎日に抜かせたんだろうという疑問はあれど、ここで大事なことは、
イーグルのアプデを諦めるということですね。
 それ自体は、事実上既定路線であるから、今後は、空自が回避したい、35B
を空自が被るという案を巡って海空でのせめぎ合いが繰り広げられることになる
でしょう。
 F-3開発に関しては、空幕の中では、ペンデイングというか、もう終わった
話です。ただ、時期はともかく、開発を捨てると諸々支障が生じるという自覚は
みんなあるし、まだ諦めていない人々も市ヶ谷の外にはいます。そういう人たち
のご機嫌も取らなければならないので、落とし所として、日本人が好きな玉虫色
の着地点へ向けての調整が今後とも続くことになるでしょう。

 言うまでも無く、日本にとって喫緊のテーマとして最優先するのは、F-35
を着実に追加発注するということです。空母化云々や35Bをどうするかは、A
型の追加発注がきっちり前進してからです。F-3開発の優先度はその次以下。

※ 首相「私はリベラル」 分配路線へ軸足、その意図とは
https://www.asahi.com/articles/ASKDQ0DPZKDPULFA044.html

 ただバラマキしか出来ない政治家をリベラルとは呼ばない。あんたは所詮、国
家社会主義者だった爺さんの劣化コピー。それも酷く出来の悪いコピー。

※ 安倍総理に「“御法度の植物”由来サプリ使用」が報じられた!
http://www.asagei.com/excerpt/95506

 なるぼど。それで毎日ラリッているからあんなバカなのかw。とりあえずドク
ターストップを掛けて、どこかの病院に連れてってくれ。国民にとって災いにし
かならない男だから。

※ 【社説】安倍首相は韓日関係を国内政治に利用するな
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/30/2017123000482.html

>外交問題を国内政治に利用すれば災いを招くという法則は、日本も避けて通れ
ないだろう。

 正直、ウリですら、どの口でそれを言うニカ?w、と思ったニダ。

※ 韓国、透明な「ステルス戦車」など未来の兵器40のアイデアを披露=「言葉
だけは一流」「開発費が誰かのポケットに入る事だけが心配」―韓国ネット
http://www.recordchina.co.jp/b254116-s0-c10.html

 サムスンさえあれば、ウリは必ずやってのけるニダ。

※ 就任後に首脳会談約40回 「外交の空白埋めた」=文大統領
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/19/2017121901829.html

 チョッパリよ! もんちゃん、意外にやるじゃないか!w

※ 「来年はさらなる衝撃」=核・ミサイル加速示唆―北朝鮮紙
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000062-jij-kr

 来年もこんな感じでトランプの口激にミサイルや核実験で応戦という年になるでしょう。

※ 若年労働者を「ひ弱」だと嘲笑 60代以上から働き方改革を軽視する意見も
http://news.livedoor.com/article/detail/14098195/

 そら残業手当がそれなりに付いた頃の感覚で語られてもねぇ。

※ 太平洋に浮かぶ「人工都市」が、2019年建設開始。
http://tabi-labo.com/285362/first-floating-nation-island

>海上浮遊都市の目的は、「人類を政治家から解放すること」。

 人が住む-欲望が芽生える-政治が生まれる。

※ 横浜→山下ふ頭に空中交通!?ロープウエー構想浮上
https://this.kiji.is/319597253706433633

 良いね! ぜひやるべきよ。みなとみらい-山下公園を経由して、丘の上まで
引っ張れば良い。ロープウェイだから足場さえ確保できれば工期も短くて済む。

※ ソ連の北方四島占領、米が援助 極秘に艦船貸与し訓練も
https://www...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る