古代天孫民族直系、日本国の君主である第125代・今上天皇陛下の「光被」(君徳)が地球の隅々にまで行き渡りつつある

古代天孫民族直系、日本国の君主である第125代・今上天皇陛下の「光被」(君徳)が地球の隅々にまで行き渡りつつある

2018年01月01日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2018年1月1日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
古代天孫民族直系、日本国の君主である第125代・今上天皇陛下の「光被」
(君徳)が地球の隅々にまで行き渡りつつある
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 平成30年(2018年)元旦。「天孫人種六千年史の研究」(スメル学会伊
予国一宮大山祇神社・三島敦雄元宮司著、板垣英憲解説、ヒカルランド刊)が
間もなく上梓される。第125代・今上天皇陛下が1年4か月後に退位され、
浩宮皇太子殿下が即位される。大日本帝国が大東亜戦争に敗北した翌年に生ま
れた「戦争を知らない世代」も昭和・平成を経て3代の天皇陛下に仕える栄誉
に浴することになる。祖父は、帝国海軍に応召した長男を南シナ海方面で戦死
させていながら、明治・大正・昭和3代の天皇陛下に仕えて長生きしたことを
誇りにしていた。紀元前4000年ごろ、中東のシリア~チグリス・ユーフラ
テス河岸に栄えて「シュメール・バビロニア」から忽然と消えた古代天孫民族
は、海路、鹿児島県南さつま市に上陸し、皇紀2677年を数えている。いま
は、米キッシンジャー博士とロシアのプーチン大統領が合意した「新機軸」
(第3次世界大戦を回避させる。世界の原発をすべて廃炉にする。地球環境を
改善する。AI技術を中心とする産業社会をつくる)に従って、世界恒久の平
和と繁栄を築く時代である。「今上陛下と小沢一郎代表に託された日米相互防
衛援助協定[MSA協定]に基づき運用された資金の運用益の分配(シェ
ア)」をエネルギー源に「キッシンジャー博士・トランプ大統領・プーチン大
統領・習近平国家主席4人のチーム」(戦前の軍国主義に回帰志向の安倍晋三
首相は蚊帳の外)が、「本当にグローバルな世界秩序」構築に全力を上げてい
る。日本国の君主であられる今上天皇陛下の「光被」(君徳)が地球の隅々に
まで行き渡りつつあり、退位後は、上皇陛下=「世界の天皇陛下」として君臨
されることになっているという。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る