北朝鮮の金正恩党委員長が、平昌冬季五輪に選手団を派遣、南北間を結ぶホットライン再開、米朝和平へ向かう

北朝鮮の金正恩党委員長が、平昌冬季五輪に選手団を派遣、南北間を結ぶホットライン再開、米朝和平へ向かう

2018年01月04日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2018年1月4日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北朝鮮の金正恩党委員長が、平昌冬季五輪に選手団を派遣、南北間を結ぶホッ
トライン再開、米朝和平へ向かう
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 「第2の日本」北朝鮮の金正恩党委員長=元帥は日本時間1月3日午後3時
半、「板門店で南北間を結ぶホットライン(直通電話回線)を再開するよう」
指示し、韓国側はホットラインが再開したことを確認した。ロイターが報じ
た。ホットラインが途絶えたのは2016年2月だった。韓国の朴槿恵大統領
(当時)が北朝鮮の核実験に反発し、開城工業団地の稼働を中断したことへの
対抗措置として、北朝鮮側が遮断に踏み切った。これは、北朝鮮の平昌冬季五
輪参加を契機に、朝鮮半島情勢が2月25日の閉会式以後、「米朝和平」(米
朝国交正常化→平和友好条約締結→朝鮮半島統一)に向けて一気に動き出して
いくことを意味している。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る