▲▽B層相手▽▲

▲▽B層相手▽▲

2018年01月04日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽B層相手▽▲

※ 「尖閣、取られていい」のウーマン村本に小林よしのり・落合陽一ら「無知
なおっさん」「小学校行こうぜ」
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-317964/

 よしりんの非難は問題無い。なぜなら、彼は一視聴者の立場での発言だから。
でもその場にいた連中の言動には呆れる。
 そもそもあんたたちは、年末の糞忙しい最中に、なんでそんな番組に薄謝でわ
ざわざ出て行ったのよ? 阿呆な芸人がいて、そんな連中と無駄話して自分の貴
重な時間を潰すと解っている、普通の文化人はそんな場所にわざわざ出て行かな
いでしょう。
 阿呆な芸人をテレビで罵ってドヤー! して顔と名前を世間に売りたいからわ
ざわざ貴重な時間を潰すんでしょう? そんな連中が歴史がどうのこうのと呆れる。
 「小学校行こうぜ」なんて普通に知識を身につけた知識層は言わない。落合信
彦なら言うかも知れないが、知識人や学者が口にすべきことではない。
 貴方のその嘲りはB層にしか届かない。こんな薄っぺらな連中が地上波を支配
して日本の文系学問を辱めているから、私みたいに、文系学部なんてイラネ! 
という輩が出て来るんだよ。

※ 「笑ってはいけない」浜田の黒塗りメイクが物議 黒人作家が語った不安
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00010000-huffpost-soci

 これはアウトだよね。ここ一週間、夕方のニュース枠が潰れて、その時間帯に
飯食おうとテレビを点けると、B層相手の脳みそがダダ漏れしそうな番組ばかり
民放は垂れ流しているけれど、本当、作っている側も、徹頭徹尾B層化している
様子が見て取れる。
 禿げやホモを弄るのは、所詮国内マターだけど、肌の色を弄って遊べば、国際
問題化は避けられない。それを思うと、シャネルズが活躍した時代って長閑でしたね。

※ 核シェルター整備、自民議論へ…北ミサイル念頭
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180103-OYT1T50050.html

 とうとう公共事業バラマキの使い道もなくなって、核シェルターとか持ち出すのかw。

※ 南北連絡チャンネル2年ぶり再開 北朝鮮、関係改善に意欲
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018010301000679.html
*北、数日以内に弾道ミサイル発射か…米軍当局者
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180103-OYT1T50079.html?from=ytop_top

 この二つのニュースは酷くちぐはぐなのね。上のニュースは、さすがに冬本番
になって石油の禁輸が効いているなと実感させるけれど、でも下のニュースは、
見事に言行不一致で、いつもの糖質気味な性格を表している。

※ いつ日中衝突が起きてもおかしくない尖閣諸島
http://news.livedoor.com/article/detail/14112560/
*「米朝戦争」の可能性は、なくなっていない
http://toyokeizai.net/articles/-/202955

 どっちも無いですから。どうしてこの人たちは、未だにそれがあると思うんだろう。

※ トランプ氏「私の核ボタンの方が大きくて強力」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180103-OYT1T50039.html?from=ytop_main1

 そのうち、ちんちんの写真をアップし始めるに50カノッサ。

*米報道官、正恩氏の「精神状態を懸念すべき」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180104-OYT1T50021.html?from=ytop_main1

 自分のボスの精神状態を案じた方がいいぞw。

※ 米国、デモは敵が扇動とのイラン政府主張に反論
http://www.bbc.com/japanese/42549502

 ひでぇ話w。北朝鮮のミサイル開発を全面サポートするウクライナには武器供
与して、イランはテロ輸出国家呼ばわりだもん。

※ 韓国潜水艦隊に忍び寄る影…ドイツ「大西洋の狼」の“開店休業”に見える儚い実力”
http://www.sankei.com/west/news/180104/wst1801040003-n1.html

 ドイツ軍を巡っては、タイフーン戦闘機の稼働率とかしょっちゅう軍ヲタさん
に揶揄されるけれど、平時の軍隊なんてそんなものですよ。日本は、臨戦態勢に
あ...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る