▲▽害は無い▽▲

▲▽害は無い▽▲

2018年01月05日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽害は無い▽▲

※ 村本さん「沖縄の行動、何かがある」 基地問題を漫才で風刺 「同じ日
本」と関心呼び掛け
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-640869.html

 沖縄は中国のものだったと侮辱されて、地元紙がこれはないよね。
 ただ、こういう人には、むしろ沖縄の現状をこそ白旗を掲げた結果どうなるか
の事例として教えてあげるべきよ。
 白旗を掲げるということは、主権を失うということでしょう。この半世紀の沖
縄がまさにそうで、米兵にレイプされても裁判権はない、基地に出て行ってくれ
と言っても退いてくれない。「貴方、沖縄のことを気の毒だと思うでしょう? 
主権を喪失するということは、ああいう状態を甘受するということなんですよ」
と。それでも、沖縄が置かれた状況は、支配被支配の関係で言えば、遙かにまし
な扱いではあるわけですが。

 ただ、個人は殺されたくもないし殺したくも無いから白旗を掲げます、という
人々は、そのままで良いじゃん。別に説得する必要は無いし、国家はそうはいか
んのです、とわざわざ説教する必要も無い。
 仮にある日、吹上浜に人民解放軍が上陸して来たら、職業軍人さんが戦ってく
れるわけでしょう。そこで、国防軍の善戦虚しく押し込まれて、解放軍が伊作峠
を越えて谷山に迫るようなら、全国から義勇兵が故郷に戻るわけですよ。ヤクザ
からチャカを買い、自作の武器とか担いで。同級生とか誘って、三々五々、「し
ょうがねぇな。自衛隊、意外に頼りになんねえじゃんorz」とかぼやきつつ。
 私自身はちょっと迷いますね。大隅の人間ですから薩摩半島に思い入れはない。
場所が志布志湾上陸ならすぐ戻るけれど。
 もちろん全員が戻る必要は無い。戦後復興には人も資金も必要だから、戻りた
い人間だけ戻ってせっせとモロトフ・カクテルを作って特攻するんです。そうい
う時に、戦わない奴は卑怯だと罵っても時間の無駄でしょう。
 そもそも、あのUSA!USA!な米帝ですら、この四半世紀、3人も徴兵逃
れした奴を大統領に選んでいるじゃないですか。クリントンはカナダへ逃げ、ブ
ッシュ息子は州兵に逃れ、トランプは親父のコネで兵役を逃れた。選挙期間中は、
それなりに批判されたけれど、就任したら誰も言わない。なぜかと言えば、ベト
ナム戦争当時、アメリカのエスタブリッシュメントは、みんなそうやって兵役を
逃れたからです。

 私は何を言いたいのかと言えば、放って置けば良いんです。言わせておけば良
いんです。害は無い。今の日本が置かれた状況下で、彼の主張が世の中に受け入
れられる余地は無い。一方で、国を守るために市民が武器を取り、誰かを殺し、
自分も殺されるかも知れないという判断は重く難しいものです。日本ではそうい
う教育もして来なかったことだし。
 今が険しい状況にあるからと言って、平時に於いて、そういう難しい判断を市
民に迫る必要は無い。いざとなったら、戦える人だけ武器を取って勝手に郷土を
守りましょう、で良いじゃ無いですか。

 私が彼にアドバイスするとしたら、何も三日で結論を出す必要は無いから、ゆ
っくり考えて下さい。ただし、貴方を利用しようとする勢力には気をつけてね、と。

※ 首相 年頭会見「改憲に向け議論深め 真に必要な防衛力強化も」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180104/k10011278911000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

>「従来の延長線上ではなく、国民を守るために真に必要な防衛力の強化に取り組んでいく。

 何もかもペテンじゃん。景気は置き去り。その防衛にした所で、人が増えるで
無し。無能な側近を大臣に据えて組織をガタガタにした挙げ句、アパートの駐車
場(整備不良のボロ車が放置状態のまま)に高級外車を並べるしかない無能な輩
が何をほざくか!

※ 大前研一「日本の政治家は目線が低すぎる」
http://toyokeizai.net/articles/-/201163

>安倍首相にとっての総選挙は「僕難突破」だった

 言い得て妙w。

>経済閣僚である財務大臣や経産大臣はそのまま留任。約5年間のアベノミクス
で結果を出せなかったメンバーのままでは「経済優先」に説得力はない。しかも
「仕事人内閣」と胸を張ったその内閣が仕事をする暇もなく解散<

 全くこの通りよね。

※ トランプ氏、元側近バノン氏は「正気失った」 政権関連本の発言で
http://www.bbc.com/japanese/42561773
*米大統領、暴露本の出版中止要求 出版社は発売前倒しで対抗
http...

バックナンバー

  1. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

  2. ▲▽野菜高騰▽▲

    2018年01月17日発行

  3. ▲▽ロング・ロード・ホーム▽▲

    2018年01月16日発行

ページの先頭へ戻る