▲▽Society 5.0▽▲

▲▽Society 5.0▽▲

2018年01月06日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽Society 5.0▽▲

※ 政府広報 Society 5.0 上白石萌音
https://www.youtube.com/watch?v=8FTO_vZlF78

 君の名はで、この政府広報が流れて、方々で叩かれているけれど、こんな時代
は来ねぇよ!w 政府は日本の過疎化を舐めてんのか!
 90歳になる爺さん婆さんはテレビ電話なんて使えないし、その時代、そこに
女子高生は住んで無いし、そもそもバス路線なんてありゃしない。無人だろうが
有人だろうが。山の中にコンビニがあるとでも?w
 農業法人ならともかく、個人の営農家にとって、無人トラクターが貢献すると
はとても思えない。ありゃ便利だろうけれど、そのための設備投資する余裕なん
てない。

 どこのプランナーに乗せられてこんな無駄金を使うんだ? 将来、その技術が
普及したとしても、その利便性を享受できるのは、せいぜい神奈川の郡部まで。
国や社会がシュリンクしていくというのは、そういうことです。地方は、ありと
あらゆるサービスから取り残される。

※ 茨城と石川で同時に地震 気象庁 1つの地震と解析し速報か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180105/k10011279651000.html

 私は普段自宅にいる時には、携帯もスマホも全て電源は切っています。バッテ
リーを長持ちさせるために。所が昨日は、たまたま電源を切るのを忘れていて、
しばらく何の音が鳴っているのか解らなかった。
 女房は、病院帰りで書店にいたら、一斉に鳴り始めて、みんな驚いたという話
で、ただ、家の様子を聞こうとメールしようとしたら、もう速攻でネットはダウ
ンしたそうでした。どのくらいで復旧したんだろう?

 で、この二つの地震を誤検知するのはこれが初めてではないんでしょう? 前
回2013年にそれをやらかして改善の措置を取っていたというのに、またやら
かした。電車も全部止まることを考えると、こういうミスは勘弁して欲しいですが。

※ デーブ・スペクター氏「ガキ使」黒塗り騒動は「想定しなければいけなかった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000161-sph-ent
*ダウンタウン『笑ってはいけない』擁護の嘘! 浜田雅功の黒塗りは米で問題
になったミンストレル・ショーと同じだ
http://lite-ra.com/2018/01/post-3718.html
*「ガキ使」ベッキーへの無理やり尻キックにネットで批判の声「怒りで震える」
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/878458/

 ベッキーの件はちと可哀想ね、ま、ほんにB層氏ね! って話ですよ。それ以
上の感想を持ち得ない。これまでは、作っている側は、単にB層向けの番組を、
それなりのインテリジェンスを備えた連中が計算ずくで製作していたのに、今や、
B層がB層向けの番組を作っていて歯止めがきかなくなっている。
 それを私らは、そもそも地上波なんて見ないから、どうでんよか、で済ませて
来たけれど、社会的な影響とか、国外への波及とか考えると、いつまでも無視で
きなくなりつつある。頑張れBPO! てか。

※ 「殺すぞ」暴言の西宮市長 “炎上”の過去と意外な地元評
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/220648/1

 また維新からバカ政治家が量産されるの? それはともかく、昨日のやりとり
を見ていても、ちょっと専門医のカウンセリングが必要なのではなかろうか。被
害妄想が進んでいるし、記者とのやりとりが、ちとロジカルでない部分が気になる。

※ トランプ政権の暴露本発売 「取り巻き全員」が資質疑問視と著者
http://www.afpbb.com/articles/-/3157575?cx_part=topstory&cx_position=1

>「取り巻きの100パーセント」がトランプ氏の資質に疑念を抱いている

 いくら何でもあんまりだろうw。一人くらい褒める人間がいるんじゃないのか?

※ インテルCEOが大量の自社株売却、投資家は不信の目
https://www.cnn.co.jp/tech/35112794.html?tag=top;topStories

 ひでぇ!w。これが捕まらなかったらマーケットの信頼を無くすよね。

※ 自衛隊の艦船の秘密がダダ洩れ状態。修理中は丸裸に
https://nikkan-spa.jp/1434661

>船底のソナーも映っています。ソナ...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る