小沢一郎代表は、小池百合子知事と前原誠司前代表の「姦計」に敗れた悔しさをバネにして、リベンジ作戦に踏み出している。

小沢一郎代表は、小池百合子知事と前原誠司前代表の「姦計」に敗れた悔しさをバネにして、リベンジ作戦に踏み出している。

2018年01月08日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2018年1月8日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小沢一郎代表は、小池百合子知事と前原誠司前代表の「姦計」に敗れた悔しさ
をバネにして、リベンジ作戦に踏み出している。
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 前回総選挙(2017年10月10日公示―22日投開票)は、各党得票数
を比較すると、野党が勝利し、自民党・公明党が敗北していた。小選挙区は、
野党が1つまとって統一を立てておれば、やはり野党が勝っていた。加えて、
棄権した2000票が野党に入っていれば、政権交代していた。自由党の小沢
一郎代表は、次期総選挙では、民進党を3分裂させた東京都の小池百合子知事
と民進党の前原誠司前代表の「姦計」によって敗れた悔しさをバネにして、
「二度と前車の轍を踏まないよう肝に銘じて」リベンジ作戦に踏み出してい
る。小沢一郎代表は1月7日午前9時から10時までのNHK「日曜討論 2
018年始動」に出演し、以下のように発言した。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る