▲▽ネトウヨ神逮捕▽▲

▲▽ネトウヨ神逮捕▽▲

2018年01月08日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽ネトウヨ神逮捕▽▲

※ 安倍首相と会食したネトウヨ経済評論家・三橋貴明が10代妻へのDVで逮捕!
会食が税金による接待だったことも発覚
http://lite-ra.com/2018/01/post-3724.html

 れいのスパコン事件。無理筋な捜査をなぜ特捜部が手がけたのか? しかも昨
日まで長い惰眠を貪っていた特捜部が突然おっきして……、という疑問があるわ
けですが、これはスパコン疑惑摘発が目的では無く、オーナーのあぶく銭で息し
ている山口敬之を潰すのが目的で、官邸からやらされたのだという噂が根強くあ
ります。
 ほとぼりが冷めるまで閉門蟄居して大人しくしてりゃいいものを、ウヨ・メデ
ィアの応援もあってしぶとく反論を続けている山口敬之という存在は、友人に恵
まれないお気の毒なアホ総理にとって、無かったことにしたい脛の傷なわけです。
官邸は彼の口封じのために、資金源を絶とうと、検察に殺らせた。それなりに説
得力はあるお話です。
 で、今回の逮捕劇です。普通、逮捕はないですよね。この程度のDVでいちい
ち身柄を抑えていたら、留置場はパンクする。一週間程度の怪我でというのも、
警察への相談が複数回あったとしても、ちと考えにくい。彼は、年末に総理と飯
食ったそうで、恐らくその場で、懐柔されたのでしょう。そのこと自体は、彼も
公にしている。所が彼は応じなかったわけです。それで、本来なら、せいぜい書
類送検で終わる案件が、「逮捕」という形で身柄を抑えて、社会的に抹殺するこ
とにしたと……。権力に逆らうというのは、こういうことですよ。

>自宅で10代の妻を

 は? お巡りさん! こいつが犯人です!(>_<)。もうどんな弁解も聞き
たくない! 前妻もDV被害を受けていたというし、これまでずっと警察に相談
を受けていたということは、警察から「今度やったら逮捕だぞ」と強い警告を受
けていたということでしょう。で、本人の、「近い将来、私にスキャンダルが出
るか、痴漢冤罪で捕まるか…」。この予防線は、DVなんて卑劣な犯行で捕まる
ことを予感してのみっともない予防線ですよ。
 お巡りさん! 裁判なんて司法コストの無駄遣いです。歴史上、最も陰惨な方
法で極刑に処して下さい! 全国民がそれを欲しています!

※ 教育無償化を迷走させた安倍政権ポピュリズム政治の罪
http://diamond.jp/articles/-/155053

 だってバカなんだもんw。せめて、首席戦略官みたいな人間を置いて、国会に
も出ない、メディアとも会わない、ただ物事を精査して戦略を練り、総理大臣た
だ一人にアドバイスするだけの人間を任命すべきでしたね。
 そうすれば、経済にしても防衛にしても労働政策にしても、行き当たりばった
りその場しのぎで5年間もを無駄にすることは無かった。
 日本がこの5年間で失ったものはあまりにも大きいですよ。

※ 満5年経過のアベノミクス、「多くの約束は実現されていない」と中国メデ
ィア、最大の失敗は「生産性の低迷」とも
http://www.recordchina.co.jp/b342261-s0-c10.html

 あ~あ、中共にまで書かれちゃったよ。

※ 防衛力整備、NSC主導に 陸海空自要求から変更
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201801/CK2018010702000114.html

 昨日、これを書こうと用意していたら、タブが消えてしまって……。Firefox
だと、うっかり閉じてしまったタブをメニューからすぐ復元できるでしょう。所
が、chromeだと、何かのミスで上書きというか閉じてしまったタブを簡単に復元
できないんですよね。何か方法あります? それでうっかり閉じてしまって、そ
のまま失念した記事が結構あります。

 でこの件は、それを官邸主導でやられても迷惑でしょう。現にこれまでも、オ
スプレイみたいに、現場が全く望んでいないものを官邸案件だと押しつけられて、
予算を奪われ、陸自航空隊壊滅の危機に晒されている兵器があるのに、それをさ
らに加速してどうするの?

 企業でも同じですが、人が増えるわけでもない中で、新規事業を立ち上げるの
にまず問題となるのは何ですか? それは、既存事業をどうやって畳み、人と予
算を捻出するか? でしょう。所が、自衛隊ではそれがなかなか出来ないわけで
す。冷戦期を含めて、ずっと拡大を続けてきた組織だから、人を整理する、部隊
を畳むということに関して、極めて不得手。陸海空ともに、部隊の員数維持が目
的化している傾向が極めて強い。
 NSCは、あれ買え、これも買っとけだけじ...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る