▲▽JR立ち往生▽▲

▲▽JR立ち往生▽▲

2018年01月13日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽JR立ち往生▽▲

 今日のブログは昨夜から8時間掛かりの作業になりましたorz。もう死にそう。
我ながら、週末に何でこんなことをやって消耗しているんだろうと思います。

※ 「なんとか、しのいだ」信越線の乗客、JRへの怒りも
https://www.asahi.com/articles/ASL1D31X3L1DUTIL007.html?iref=comtop_8_01
*菅義偉官房長官が大雪で電車立ち往生に不快感
http://www.sankei.com/politics/news/180112/plt1801120027-n1.html
*JR信越線15時間立ち往生 乗客集中で運転強行か 新潟県は自衛隊要請検討もせず
http://www.sankei.com/affairs/news/180112/afr1801120066-n1.html
*【JR信越本線】大雪で電車に閉じ込められていた男性のツイートが猛烈な勢い
で拡散中!「JRの対応は素晴らしいと思いました」
https://rocketnews24.com/2018/01/12/1007058/

 第一報を聞いた時には、まあありがちな話だよな、と思ったのだけど、でも詳
細がわかってくると、私が一番最初に浮かんだのは、洞爺丸事故でした。あの時
も、出港せざるを得ない状況で、出るべきでない荒れた海に乗り出してしまった。
 今回の事故は、山岳遭難に似ています。一つ一つの判断は、その時々の判断と
してはそれなりの合理性を備えていたんだけど、後から考えて小さな判断ミスに
過ぎなかったものが、終わってみれば、判断ミスが重なったことで、ビバークと
いう最悪の結末を招いてしまった。

 この冬一番、天候が荒れることは解っていたわけで、JRは早い段階で運休を
決めるべきだったし、走らせるしかないとなったら、そう判断した時点で、除雪
車や自衛隊への派遣要請等、バックアップの手立てを講じておくべきだった。
 自衛隊への派遣要請ができなかったのは、明らかに県知事のミスで、原発問題
しか頭に無いスタンドプレー知事さんだとこんなもんでしょう。偏差値だけが取
り柄のあんな無能な知事を選んだ県民の責任です。

 あと、豪雪地帯で、雪のことは知り尽くしているはずの新潟県民にしても、か
なり特殊な雪質だったみたいですね。それと、信越線というか信越本線? 私は
てっきり長野県内を走っているんだろうくらいに思っていたら、何か複雑な路線
なのね。被災現場も新潟市に近いし。

※ GM、19年にもハンドルなし「無人運転」の量産車
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25625920S8A110C1MM8000/?nf=1

 凄いですね。たぶんその技術は、日本から見れば、とてもレベル4と呼べる代
物じゃないんだろうけれど、とりあえず先にチャレンジするという姿勢が大事な
んですよ。羨ましい。
 日本のメーカーさんは、「2020年代前半にも」、とか言っている状況でし
ょう。勝負を捨てているとしか思えない。私は、この論争が当ブログで始まった
時に、2020年に自動運転カーが走ると書いて笑われたけれど、実現すると聞
いて嬉しいです。

※ 10円玉握り「おなかすいた」 コンビニで5歳女児保護 傷害容疑で実母ら逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000014-kobenext-l28

 ドキュンがドキュンを産んでというパターンですね。殺される前に助けられて
良かった。子供を全員取り上げて、親はみんな刑務所な。執行猶予なんてナシ。

※ リンチ2時間 ちゃんこ店主撲殺男は前科10犯元暴力団幹部
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/220931/1

 信じられないよね。こんな奴が娑婆を歩いているなんて。日本にも三振法が必
要だよ。こいつはせいぜい10年求刑、実刑8年、7年で娑婆に戻って来て、ま
だ二人は殺せる。

※ 日韓関係「急速に冷却も」 韓国側が報道、首相の表明に
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018011201001284.html
* 韓国外務省“自発的な行動を促す立場”強調
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180112-00000093-nnn-int

>文大統領は10日、「日本が真の謝罪をしたら問題の完全な解決になる」と述
べていたが、韓国政府としては日本側の自発的な行動を促すという立場

...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る