週刊めいろま Vol.207 サラリーマンに向く副業/少子高齢化と格差は副業に有利な理由/代行サービス/ネットで売るコンテンツ/愚痴はアイディアの宝庫/副業のネタを探す方法

週刊めいろま Vol.207 サラリーマンに向く副業/少子高齢化と格差は副業に有利な理由/代行サービス/ネットで売るコンテンツ/愚痴はアイディアの宝庫/副業のネタを探す方法

2018年01月14日発行

---------------------------------------------------------------------------------------
【重要】メルマガ購読切り替えお願い
2018年3月26日をもちまして「BLOGOSメルマガ」が終了となります。
「週刊めいろま」は引き続き発行しますので、購読ご希望の方は以下から
お読み下さるようお願い申し上げます。

●ノーツ
https://note.mu/may_roma/m/m54af936

月800円 記事単品350円 一年分まとめ買い9980円

初月無料なので1ヶ月分お得になります。
メルマガ記事の他に音声による時事問題解説、ビジネス会話、
日々の出来事などの記事も配信していきます。
スマートフォン、タブレットフレンドリーです。
コンテンツはメールでも届きます。

●まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/0001630033.html

初月無料なので1ヶ月分お得になります。月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます
「BLOGOSメルマガ」と同じようにメールで届きます。

---------------------------------------------------------------------------------------

Vol.207

目次
1. Q&A  
2. ニュースクリップ
3. オススメ本

【今週の連載記事】
炎上Youtuberと人種差別と日本人の怒り
https://cakes.mu/posts/19128

【新作書籍 2018年1月11日発売】
バカ格差 http://amzn.to/2k7985X
日本人を苦しめる格差の正体を日本と世界を比較しつつ完全解明!タワマン格差、会社格差、教育格差。日本にはびこるバカ格差を断罪!!

【既刊】
「不寛容社会」http://amzn.to/2uHdzeN
日本人は不寛容になったのか?芸能人を叩くのはなぜ?なぜ日本人は批判が大好き?海外には他人叩きはある?現代日本人の怒りの本質を分析

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. Q&A

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


M様からの質問:
はじめまして。私は地方国立大の2年生です。


今回谷本さんに2点質問があり、質問コーナーに投稿致しました。

1. IT業界にホワイト企業はあるのでしょうか?またあるとしたらどうしたら見つかるでしょうか?

私は、大学を卒業したらIT業界に就職したいと考えています。業界研究をしてみて、ITスキルを身につけた方が職に困らないかなと思ったからです。
ただ、実際にエンジニアになったOBの先輩や転職サイトの口コミの話で、IT業界は労働環境が過酷であるとも知り、そこが不安な点です。「にほんのIT企業でブラックじゃないところなんて無い」という身も蓋も無いアドバイスももらいましたが、できればホワイトな企業で働きたいです。
ホワイトなIT企業があるとしたら、どうすれば見つかるでしょうか?


2.会社の給料に頼る生活は不安があります。なので副業もしたいと思います。どのような副収入の稼ぎ方がありますか?

私の年代だと会社の正社員として安定した給料をもらうことすら厳しく、非正規で不安定な生活をする可能性が高いとニュースや本で知りました。実際卒業した大学の先輩にも、非正規や契約社員で働いてる方がちらほらいます。

私は、会社に勤めてもらう給料以外に、副収入があった方がいいかなと思いました。そこで在宅ワークでできることをやろうと、webサイトを作る方法とプログラミングを独習したり、大学でIT関連の授業を受けたりしています。今は、在宅で月4万くらいのコーディング案件を受注できるにはなりました。
しかし、これが副業としてなりたつのかな?と心配になっています。
副収入を得る方法は他にもあるのでしょうか?


上記2点が質問内容となります。
お忙しい中恐れ入りますが、ご教示いただければ、幸いです。



======

回答:

さて今週も、3週連続でご相談者様のご質問にお答えします。今回はサラリーマンに向く副業に関する話の続編です。

前回は不労所得を得る副業と、 物品販売系の副業に関してご紹介差し上げました。

サラリーマンが副業する場合に不労所得を得る副業を考えるべき理由は、 時間や労力が限られている方が多いからです。 また自分の老後資金を貯める上でも資産形成などを踏まえた上で不労所得を得られる仕組みを考えることはとても重要です。

物品販売系の副業はお客さんとのやり取りが楽しいので趣味の延長として取り組むことも可能です。 最近では日本だけではなく海外にもネットオークション以外にも手作り品や自分が探してきたアンティーク品をスマホから手紙に販売できるプラットフォームが増えていますから、 15年ぐらい前に比べると大変ハードルが低くなっています。

さて今週はその他の副業の方法を考えてみましょう。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る