(365)超攻撃的から超守備的に転じた甲府。その色は何色か。

(365)超攻撃的から超守備的に転じた甲府。その色は何色か。

2018年01月31日発行

【重要】サービス終了に関するお知らせ
平素より、BLOGOSメルマガをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
2018年3月26日をもちまして「BLOGOSメルマガ」を終了させていただくこととなりました。


詳細につきましては、以下お知らせをご覧くださいますようお願い申し上げます。
BLOGOSメルマガ サービス終了のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン「杉山茂樹のたかがサッカー、されどサッカー。」
(365)超攻撃的から超守備的に転じた甲府。その色は何色か。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者の皆様へ
 毎週、ご購読していただき誠にありがとうございます。発行元のLINE社より、「BLOGOSメルマガ」が来年3月をもって終了する旨の通知がありました。
 私、杉山茂樹のメルマガは、その後も別のプラットフォームで通常どおり発信していきます。読者の皆様には誠にお手数をおかけいたしますが、以下のプラットフォームへの移行をお願いできますと幸いです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/
 これからも面白いメルマガ記事の発信に、励むつもりです。
 引き続き、ご愛読のほど、よろしくお願いします。 杉山茂樹
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 シーズン開幕が迫ってきたJリーグ。切望したいのは、レベルの高い好試合だ。サッカーの発展に貢献するサッカー。引いて守るのではなく、高い位置からプレスを掛けていく、今日的で攻撃的なサッカーである。

 加えて、クラブの色だ。川崎フロンターレは5年先、10年先、幾度かの監督交代を経ても、いまと同じ色のサッカーを貫けるか。それをクラブの色にすることができるか。

 Jリーグ発足以来、25シーズンが経過したが、外部にも分かりやすい独自の色を構築したクラブを確認することはできない。定見がないクラブが目立つ。色を決めるのはクラブであって監督ではない。「ハリルホジッチではなく日本サッカー協会だ」といえば分かりやすいだろう。色がコロコロ変わるサッカーでは、クラブの求心力は高まらない。成績が落ちれば、ファンは途端に去って行く。相手のクラブからもリスペクトされない。

 昨季、J1で最も後ろで守るサッカーをしたのは甲府だ。ピッチを縦に3分割に分けた時、自軍ゴールに近い3分の1のエリアでボールを奪った確率(低い位置でボールを奪った確率)は62%に及ぶ。首位の柏が51%なので、その差は11%に達する。
距離にすれば、平均で10mほど低い位置になる。ピッチの縦は105mなので、大きな差だ。自然に起きた現象ではない。意図的に引いていることが分かる。

 逆に、最も高い位置でボールを奪ったチームはJ2の岐阜だ。手前3分の1でボールを奪った確率は50%。半分はピッチの向こう側3分の2で奪っている。ハーフウェイラインより向こう側という設定にすれば25%。4回に1回は相手陣内で奪っている計算だ。

 高い位置でボールを意図的に奪おうとしていることがよく分かる。岐阜のボール支配率に目を向ければ、実に62.5%を示す。これまた、J1の18チームと比較しても断トツのナンバーワンだ。今季のマンC(66.4%)には劣るが、このタイプの元祖、バルサ(60.8%)には勝る。

 成績はJ2の18位。J3降格寸前の褒められたものではないが、その分だけ色を強烈に感じさせる。

 監督は大木武。元甲府の監督だ。甲府というクラブは、かつてJリーグで最も攻撃的なサッカーを標榜する監督を雇っていたわけだ。先述の通り、現在はそれとはまさに180度反対を示すサッカーをする。かつては最も攻撃的で、現在は最も守備的。同じクラブで起きたこの落差を、どう解釈すればいいのか一体全体、甲府の色は何色なのか。おそらく色を追究する姿勢がはじめからないのだと思う。求めるのは成績のみ。これでは成績が出なければ、世の...
ページの先頭へ戻る