▲▽出来すぎたストーリー▽▲

▲▽出来すぎたストーリー▽▲

2012年01月04日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽出来すぎたストーリー▽▲

※ 警察に電話の平田容疑者「相手にされなかった」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120103-OYT1T00313.htm
*「ずっと国内にいた」 警察へ10回電話も話し中
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120104/crm12010401340000-n1.htm

 コールセンターに電話を掛けて自首して拒否されw、しかも話し中は多いし、
警察署に行ったら、肝心のお巡りさんがいなくてしょんぼりと帰り、ならばと警
視庁に出向いたら、対面自首なのに悪戯扱いされて、どんだけ不運な犯人だよw。
もうそれだけで全米が泣けるコメディ映画が出来る!
 実は残る二人も、何度も自首してたのに拒否られてたりし。ここまで来ると、
警察の側に実はオウム逃亡犯を捕縛したくない理由があったりして。

*出頭の契機は東日本大震災 「生き延びることは理不尽」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120104/crm12010401350002-n1.htm

 カルトにのめり込むような人物として本音かも知れないけれど、ちょっと話が
出来すぎている感じもする。滝本弁護士のブログを覗いていたとか、親の死とか、
ストーリーが完璧過ぎる。

※ 橋下市長、市労組事務所の市庁舎退去を要請
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120104-OYT1T00397.htm

 何か誤解があるようですが、私は別に橋下さんを評価してません。そもそも大
阪府政をあまり知らないし。私の中では、タレント首長が、メディア受けするこ
とを次々とやっているなぁ、という印象しかありません。
 今回の市長への鞍替えも、もはや知事には何の力も無いからだと冷めた見方を
しているし。週休4日の石原慎太郎に都知事が務まるのも、都政としてやること
がないからでしょう。三位一体改革の前から、一貫して県庁の権限の中抜きとい
うことが行われて来ていて、とりわけ政令指定都市を抱えるような大きな県では、
以前からそういう状態だった。
 私のブログは地方公務員の読者さんも多いですが、この辺り、現場の皆さんは
どう感じていらっしゃるのか知りたい所です。

※ 「後ろからも弾」「一番苦しい総理」首相、同窓会で愚痴
http://www.asahi.com/politics/update/0103/TKY201201030385.html

 その場にマスゴミはいないけれど、発言が外に漏れてニュースになることが解
り切っている場所でこの手の愚痴が出て来るのは、ちょっと政権末期臭が漂いま
す罠。

※ 放射線の事実に向き合う ― 本当にそれほど危険なのか?
http://gepr.org/ja/contents/20120101-01/

 一つは、広島長崎のその後の知見をどう見るかでしょう。日本の場合、政治的
配慮から、あれもこれも被爆者認定して、疫学データとなると、いまいち信頼性
に欠けたりするわけでしょう。
 急性障害という意味で言えば、そんなに心配するほどは無かったんだろうけれ
ど、当分は用心が必要でしょう。

※ 米大統領選共和党候補 在日米軍撤退を公約
http://news24.jp/nnn/news89028096.html

 この人の年齢を考えると、実際にそれは無いでしょう。ただ、それを共和党の
候補者が堂々と言い出して小さな政府を訴えているのは興味深い所です。

※ 魚釣島に石垣市議ら4人上陸=漁船からゴムボートで―沖縄
http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201201030029.html

 せめて数日留まって植生調査くらいはして欲しい所ですが、中国がどう出るか。

※ 長尾年恭(東海大学地震予知研究センター長)「近い将来、首都圏は3回大
きく揺れます」
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/01/03/8913/

 富士山の噴火はたいしたことない。まず直前に予測は可能だし、起こるとした
ら火砕流で、ひょっとしたら警告を聞かなかった観光客が巻き添えになるかも知
れないけれど。火山灰は、確かに一気に降るとやっかいだけど、少なくとも地震
や津波のように、逃げ遅れた地域住民を死なせることは無い。日本の家屋は密閉
性が高いので、パソコンがやられることは...

バックナンバー

  1. ▲▽格上のコメディ▽▲

    2018年01月21日発行

  2. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  3. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

ページの先頭へ戻る