▲▽消費税はどうすれば?▽▲

▲▽消費税はどうすれば?▽▲

2012年07月04日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽消費税はどうすれば?▽▲

※ 小沢G離党で解散風 民主党内では執行部批判強まる
http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/12245/

 私のことを、小沢信者と勘違いして、贔屓の引き倒しとか、信者みたいに言う
人がいます。昨日は、西郷の名前を出したことで勘違いしている人が大勢いらし
たようですが、それが西郷の下野と同じだと書いた所で、そもそも私は、昔から
西郷隆盛は嫌いだと表明しているんですけど。西郷の下野とその後の内戦で、新
政府がどれほど優秀な人材を失ったことか。
 ただ私は、田中長野県政の頃から、小沢一郎は嫌いだけど一度は政権を取らせ
て見たいと書いて来ました。
 私は吉本の電波芸者と違って、信者扱いされるほど心酔してはいないし、かと
言って、別に蛇蝎の如く嫌う理由も無い。特捜部を巡る問題は、これは検察が腐
敗しているという話であって、だから小沢一郎は潔白だという話でもない。
 繰り返し書きますが、政治の話をする時に、アンチ小沢か小沢信者かでレッテ
ルを張り合い、時間とエネルギーを浪費するのは全く不幸なことです。

* 消費税増に関しても同様で、先日私案を書いたけれど、私は今回の消費税増
税に関しては、判断を留保します。
 世間に対して発言するという行為は、自分の意志や判断を明確に持っていると
いうことでしょう。普通は、99%のテーマに関しては、自分なりの判断を述べ
る自信があります。
 ただ、この増税に関しては、私はそれを持ち合わせないんです。それ(増税)
が必要なことは解り切っている。けれど、有権者を騙した増税であることは明か
だし、今の時期にすべきかも疑問がある。
 私がここしばらく欠かさず読んでいる経済系のブログで、以下があります。経
済系のブログで、私がもっとも信頼しているブログです。

*経済を良くするって、どうすれば
http://blog.goo.ne.jp/keisai-dousureba

 最近も、「ドイツでの消費増税の教訓」や、昨日の「日本に残った最後の道し
るべ(1)」のエントリーなどは、今回の増税に大きな疑問を感じさせる優れた分
析でした。
 推進する側、否定する側、双方の意見に虚心坦懐に接して、なお私は、自分で
どちらが正しい、どうすべきかという確たる意見を持てない。結果がどうなるか
という部分で、全く確信が持てないから。
 つくづく、自分が政治家でなくて良かったと思います。こういう難しい問題を、
どちらか一方を信じて一票を投じ、なお失敗したら落選という形で責任を負わね
ばならないのですから。

※ 閣僚から小沢氏批判 結束求める声相次ぐ
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201207030199.html

>小沢氏に対し「できないと分かっている公約を『できる』と言うのは誠に不誠
実」

 これは酷いw。4年間愚直に努力しようともせず、さっさと諦めて野党に抱き
つき、「出来ないと解っていた」なんて、お前は有権者を騙す気満々だったの
か?w。この人は、小沢さんが抜けた後、ミンスの議員で一番儲けが大きかった
らしいけれど。
 なんでこんな無茶苦茶な発言をする人間が、党から処分されないのか不思議。

*鳩山グループ 次の倒閣の発火点?
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120704/stt12070400230001-n2.htm

 故あれば寝返る(誰にとっても)獅子身中の虫w。

※ 民主も自民もついでに財界もこうしてぶっ潰す 橋下徹 反乱軍を鎮圧する
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32897

>原発は危険というけど、(原発が稼働した)この50年で、交通事故で100万人以
上が死んでるわけです。原発でそんなに死にましたか?橋下さんは、ただ単に注
目を浴びたいだけだと思いますよ。実際、大停電が起きたら誰が責任取るのかと
言いたいですわ。

 本当は、経済人がこういうことを積極的に発言しなきゃ駄目なんだよね。橋下
さんや、その取り巻きだけの問題じゃない。それを聞こえないふりして黙り込む
当事者たちも良く無い。
 ただ、消費者相手の商売だと、不買運動を起こされちゃ怖いです罠。この勇気
を讃えたいけれど。

※ 「日本海と呼ぶのが米国の方針」 オバマ政権が見解
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM...

バックナンバー

  1. ▲▽格上のコメディ▽▲

    2018年01月21日発行

  2. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  3. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

ページの先頭へ戻る