第20号 プロの情報収集術教えます(ツール編)、米アップルの時価総額が50兆円、白金の高級四川料理、恋愛リスクヘッジの限界、他

第20号 プロの情報収集術教えます(ツール編)、米アップルの時価総額が50兆円、白金の高級四川料理、恋愛リスクヘッジの限界、他

2012年08月27日発行

// 週刊金融日記
// 2012年8月26日 第20号
// プロの情報収集術教えます(ツール編)
// 米アップルの時価総額が50兆円
// 白金の高級四川料理
// 恋愛リスクヘッジの限界
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 実は、日曜日でずっと書いていた本がようやく一段落しました。印刷所に送るのはもうちょっと先ですが、あとは校閲のチェックを受けたり、誤字脱字を直したりするぐらいのところまで来ました。今回は、僕のマスターピースになることは間違いない出来です。ど真ん中のファイナンスの本です。9月の中旬に本屋に並ぶと思います。楽しみにしていてください。

『外資系金融の終わり』( http://goo.gl/MFzh4 )

 さて、おかげさまで週刊金融日記の購読者数は順調に増え続けています。最近は、有料メルマガを起ち上げる有名人が多く、ネットではちょっとしたメルマガ論争を呼んでいるようです。今回で週刊金融日記も20号目で、僕なりにいろいろメルマガに関して分かってきたので、ちょっとまとめておきましょう。

―月800円+消費税は実は高くない

 僕もホリエモン・メルマガとか、メルマガ界のひとつの標準―月800円+税で週刊―に従ったのですけど、最初はちょっと高いんじゃないか、と思いました。というか、僕は毎週8000文字ぐらい(ブログのエントリー3つ分ぐらい)書けばいいかなぁ、と。そうすると月に3万2000文字で800円だから、800円の新書が10万文字ぐらいなので、新書より高いし、1500円のソフトカバーが12万文字ぐらいだから、こっちと比べても2倍は高いじゃん、と。
 でも毎週タイムリーな情報が出てくるんだから、そんなもんかと思っていたのですが、やってみると、これが毎週毎週2万文字超えてて、単純に文字数単価で見ると、新書とそんなに変わらないんですよね。
 また、ある程度の購読者数になると、毎週、面白い相談なんかがどっさり届くわけで、それに答えていくと、活き活きとしたメルマガならではのコンテンツができちゃうんですよ。
 ということで、人気メルマガは少なくとも文字数単価で見ると、新書より安いんです。でも、新聞って一部15万文字で120円ぐらいだから、文字数単価だと新聞には完全に負けますね(笑)。
 しかし、新...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る