▲▽小売の現実▽▲

▲▽小売の現実▽▲

2012年12月30日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽小売の現実▽▲

※ 尖閣への公務員常駐に慎重な考え…自民・高村氏
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/yomiuri-20121229-00522/1.htm

 外交的には、勇ましいことを言うより、「まあまあそんなこと言っても戦争は
出来ないんだから、ここは一つ落ち着いて対応しましょう」と言っておけば良い
んです。
 高村さんの態度は決して間違ってはいない。ただ、本音レベルでそう思ってい
るとしたら困る。相手に良心的対応を期待するのは、幼稚な幻想に過ぎない。

※ <尖閣諸島の警備>海保が特化部隊編成へ 規模は12隻
http://news.nicovideo.jp/watch/nw475587

 2年じゃ無理じゃないかなぁ。なんで誰も、それを海外から買う、OBを再雇
用するということを思いつかないんだろう。

※ 安倍新総理は尖閣問題で支持率アップを狙っている
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/12/28/16327/

 それは無いと思う。そんな余裕はないでしょう。

※ 【2013年のココが知りたい】外務省出身ベストセラー著者 孫崎享氏に聞く
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20121230-00000003-a_aaac

 そら確かに、いくらドメル艦隊と言えども、白色彗星艦隊相手に、あのワンサ
イド・ゲームはねぇだろう?w、と私も思うわけです(^_^;)。
 航空自衛隊の指揮官がもしタモさんだったら? 陸自の指揮官がヒゲの隊長だ
ったら? とか思うと、やるせない気持ちにはなります _| ̄|○ 。始まる前か
らもう人間としての格というか、器な部分でダメボ感が漂ってしまう。せめて海
には、山本五十六でも井上成美でも良いから、まともな指揮官がいてくれること
を望みたいけれど。
 しかし、孫崎先生も、外務省に於けるタモさん感が横溢し始めているのは残念
なことです。

※ 原発事故 100人超聴取へ 東電旧経営陣・班目氏ら 検察 来春立件判断
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121230/crm12123008430002-n1.htm

 無理だと思うし、ナンセンスだし、無闇に誰かを生け贄にして罰を与えること
が文明社会として正しいことだとは思えない。でも、イラ菅だけは死刑で良いよw。

※ 中国の大陸棚申請、日本が反対表明 尖閣諸島含む主張に
http://www.asahi.com/politics/update/1229/TKY201212290401.html

 外務省も仕事納めの後にご苦労なことですが、この大陸棚を巡る問題は、中国
の利害がアメリカのそれと一致している部分で、日本側にとって若干不利なんで
すね。

※ 米 ニューズウィークが印刷版やめる
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121229/k10014522991000.html

 300万部のものが150万部に減ったという時に、日本の出版業界の感覚で
言えば、「まだ150万部もある!」な話でしょう。でも雑誌のビジネスモデル
は、広告あってですから、まだ150万部もあればやっていけるというものでも
ないんですね。
 このNHKのニュースでは、日本では新聞の発行部数がこの10年で10%減
ったと報じてました。小売に縁が無いと、ぴんと来ない話ではあるけれど、実際
10%の売り上げ減というのは、凄まじく大きいんです。それこそ、店を畳むし
かない、と思えるほど、売り上げが減るというのは痛い。ましてやそれが回復す
る目処はなく、今後とも減り続けるとしたら、傷口が広がる前に、商売を畳もう
と考えるのは当たり前のことです。
 eコマースがもたらす大変化というのは、そういうことなんです。それに少子
化が拍車を掛ける。挙げ句に、来年消費税増とかやっちゃったら、仮に参議院選
で自民党が捻れを解消できても、安倍政権は来年度一杯で終わりということにな
りかねない。

※ 慰安婦論争NYT記者vs池田信夫
http://togetter.com/li/430429

 腹立たしいけれど、世界に通用するのは、ノビー先生じゃなく、このタブチ記
者の主張でしょう。国際世論なんて代物は、それが自分の利害に関わらない限り、
シンプルに勧善懲悪を求めて正義の側に付きたがるんです。
 にしてもこの...

バックナンバー

  1. ▲▽格上のコメディ▽▲

    2018年01月21日発行

  2. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  3. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

ページの先頭へ戻る