8号:コピペあけおめザオラルメールの是非

8号:コピペあけおめザオラルメールの是非

2014年01月07日発行

【今週の見所】8号:コピペあけおめザオラルメールの是非

お正月と言えば、藤沢氏の週刊金融日記読者の皆さんなら年に一度の絶好のザオラルメール送信のタイミングであることはご存知であろう。ザオラルメールの「ザオラル」とはドラクエ用語で「死んでしまった仲間を50%の確率で生き返らせる呪文」のことで、ザオラルメールは「疎遠になった異性にメールして、関係を復活させること」と意となります。

昔仲良くしていたけど疎遠になってしまった異性。メールを送るには何かしらのきっかけが必要です。何もネタがなくとも、あけおめメールなら送っても何ら不自然ではありませんし、送られて不快な思いもしないという、年に一度のラッキーチャンスです。

しかし、そんなザオラルメールのカーニバルともいえるあけおめメールも、コピペで使い回す輩がいるのだと、女友達に送られたザオラルメールを見せてもらい、私は憤慨してしまいました。そこで今回はコピペあけおめザオラルメールの是非を問いたいと思います。

to be continued...

【今週の目次】
#近況報告:明けましたね。
#今週のスタートアップ業界の動向:CNETのVC予測記事の読み方など
#ウメチョイなレストラン:麻布十番の官能的なカウンター焼鳥
#恋愛スタートアップ:コピペあけおめザオラルメールの是非

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る