第102号 最近まで知らなかったことを10年前から知っていたかのように語る技術、プーチン大統領によるクリミア奪取作戦完了、銀座の鮨屋から学ぶディスる技術と褒める技術、ナンパにおけるフォロースルーの大切さ、他

第102号 最近まで知らなかったことを10年前から知っていたかのように語る技術、プーチン大統領によるクリミア奪取作戦完了、銀座の鮨屋から学ぶディスる技術と褒める技術、ナンパにおけるフォロースルーの大切さ、他

2014年03月25日発行

// 週刊金融日記
// 2014年3月24日 第102号
// 最近まで知らなかったことを10年前から知っていたかのように語る技術
// プーチン大統領によるクリミア奪取作戦完了
// 銀座の鮨屋から学ぶディスる技術と褒める技術
// ナンパにおけるフォロースルーの大切さ
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 今週は、小保方晴子物語の後編を書こうと思っていたら、僕が先週のメルマガを書いた後に出版された週刊誌が、全て小保方晴子の記事がトップになっていて、理研の人間関係ネタはやり尽くされてしまった感があります。
 その中で読む価値がありクオリティが高かったのは、やはり週刊文春でした。他は、はっきり言ってネットに出ている情報の「切り貼り」だけで記事にしたような内容でした。時間ができたら、週刊文春の記事で明らかになったこともふまえて、このメルマガかブログに物語の後編を書きたいと思います。
 STAP細胞捏造事件に関しては、税金が無駄遣いされたこと、日本の科学技術研究の信用が傷ついたことなど、僕も色々と憤りを感じましたが、結果的には、僕は生命科学にものすごく明るくなれたので、個人的に良かったです。

『いまさら人に聞けない小保方晴子のSTAP細胞Nature論文と捏造問題の詳細 その1 TCR再構成と電気泳動実験』
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52004635.html

 さて、今週号では冒頭でビジネスに役に立つことを書いたので、恋愛工学の論考はレストラン紹介のコーナーに書きました。

 それでは今週もよろしくお願いします。


1.最近まで知らなかったことを10年前から知っていたかのように語る技術

 世間というのは、専門家というものについて大きく誤解していると思う。
 まず、現代社会では、どんな分野でも専門がものすごく細分化されてしまっていて、世間で話題になるような新しい事件に対して、ピンポイントで専門分野であるという人が誰もいない、ということはよくあるのだ。
 たとえば、僕は表向きには、外資系投資銀行で10年近く働いてきたわけで、金融・経済の専門家ということになっているが、僕が実際に実務でやっていたことは、本当に専門的な細かいことで、金融・経済という言葉がカバーするものすごく大きな範囲を...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る