▲▽中国封じ込めの愚策▽▲

▲▽中国封じ込めの愚策▽▲

2014年06月02日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽中国封じ込めの愚策▽▲

※ アジア安保会議、中国軍幹部が安倍首相と米国防長官の発言を非難
http://www.afpbb.com/articles/-/3016476
*「中国が地域を不安定化」、アジア安保会議で米国防長官が批判
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0EB0Y920140531
*中国軍幹部 日米の発言に強く反発
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140601/k10014890301000.html

>中国人民解放軍の王冠中
>「安倍総理大臣は、遠回しに中国を攻撃し、ヘーゲル長官は率直に非難した。
ヘーゲル長官のほうがましだ」

 外交的配慮で名指しを避けた日本を、逆により強く非難しているのが面白い所
です。その後のヘーゲルとの会談でも彼は、二つの大国として仲良くしようと意
思表示した(ヘーゲルが現地を離れた途端に罵り始めたけどw)
 二正面作戦を採らない。ラスボスは後回しにして雑魚から叩く、日米の分断工
作のためにも、雑魚から叩く、という良い戦術です。
 恐らく中国は、日米韓同盟に楔を打ち込み、韓国を離反させた成功体験に酔っ
て、同じような手が日米にも通じると思っているふしがある。

 対して、日本は下策ばかりですね。防衛大臣が各国の国防相を回って、「中国
はムラ社会の鼻つまみ者だよね?」と告げ口外交みたいな真似をしている。どう
すんのよ。日本以下の軍事力しかない、はなから中国と正面切ってことを構える
気なんざさらさらない新興国を巻き込もうなんて馬鹿げたことをしでかして。
 日米安保を背景にした対中政策は絶対に成功しません。この安保会議で安倍政
権が繰り広げたのは、時代錯誤な封じ込め政策です。日本にはその力はなく、ア
メリカには、全くその気も無い、当のアジア各国にもその気はないのに、日本だ
けが必死に中国の封じ込めを煽っている。
 中国に対して、唯一効果を持つのは、金儲けの話です。日米安保なんて忘れて、
「中国の夢」を実現するためには、仲良くした方が儲かりまっせ? と揉み手で
話しかけるしかない。
 ああいうプライドの高い国、しかも、アメリカに互して軍事力を整備している
連中に対して、中途半端な武力で脅しを掛けた所で、逆効果になるだけです。
 中国は、アメリカの本音を見切っているだけに、なお強く出て来るでしょう。

* 拉致問題にしても、なぜ北が今、それに応じたかと言えば、理由は日本の交
渉力ではなく、中国が見放したことが原因です。日朝貿易なんて、北の貿易額の
ほんの10%以下しかない。中国が、れいの粛正事件にうんざりして、燃料やら
何やらの援助を停止に掛かったことで、慌てた北が、じゃあうぶな日本をたらし
込んでやるとなったんだから。日本外交の基軸は、中国であり、中国をどうハン
ドリングするかが日本外交のコアだという現実を見ないと。

* 私は別に日米安保を否定したり軽んじているわけではありません。ただ日米
安保は今、何のために機能しているかと言えば、言うまでもなく、中国の覇権主
義、膨張主義から国を守るために機能しています。それはアジアにとって最大の
安定化装置でもある。しかし、目的を見失うべきではない。日本外交の目的は、
古来、中国のハンドリングと、その脅威をコントロールすることであって、中国
自身をどうこうしようとすると、結果はだいたい、痛い目に遭って来た。

*G7、中国名指し非難へ 首脳宣言 海洋進出、自制促す
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140602/chn14060207100002-n1.htm

 みんなで吠えれば怖く無いw。

※ ウクライナ問題は知らん顔が一番
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140601/frn1406010830001-n1.htm

 全くその通り! 安倍政権は、ウクライナ問題のハンドリングを誤った。ただ
それも、ロシアやウクライナ問題云々じゃなく、安倍政権の従米ポチ外交がそう
させたんだよね。オバマを国賓待遇で招くためにアメリカに代わって小切手を切
る羽目になった。

※ 前のめりの北 「誠意示せば何人か帰す」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140601/plc14060108100004-n3.htm

 誘拐犯が「誠意を見せろ」とか、何言ってんだw。

※ 在日朝鮮人・韓国人へのヘイトスピーチについて石原氏の見解
http://www.news-postseven.com/ar...

バックナンバー

  1. ▲▽格上のコメディ▽▲

    2018年01月21日発行

  2. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  3. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

ページの先頭へ戻る